NEW

天皇賞(秋)、最強馬・キタサンブラックに不安あり?国政選挙後の競馬はいつも大荒れ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年は社台グループの馬が上位を独占した天皇賞(秋)

 台風21号が日本列島を縦断する中で行われた第48回衆議院議員総選挙は、小池百合子都知事率いる希望の党が惨敗し、立憲民主党が躍進するなど新たなドラマが生まれたが、戦前の予想通り、自民党の圧勝となった。

 衆議院選挙は日本の行く末を決める政権選択選挙だが、他方で「衆議院選挙が行われると、競馬のG1レースが波乱になる」というデータがあるのをご存じだろうか。

 たとえば、前回2014年12月14日の第47回衆院選では、今回と同じく自民党が圧勝したが、その翌週に行われた第66回朝日杯フューチュリティステークスは14番人気アルマワイオリの激走で10万馬券が飛び出し、年末の有馬記念も10万馬券という波乱の締めくくりとなった。

 その前の12年12月16日に行われた第46回衆院選の際は、翌週に行われた有馬記念で10番人気馬が2着に入り、万馬券が飛び出している。ほかにも、03年11月の衆院選でも、翌週のエリザベス女王杯や、さらにその翌週のマイルチャンピオンシップでも10番人気馬がいずれも3位に入った。このように、必ずといっていいほど人気薄馬の好走で波乱の結果となっているのだ。

 これらの結果からみても、衆院選が行われた翌週、今年でいえば今週末に行われる第156回天皇賞(秋)が波乱の結果となるのは、歴史が証明しているといっても過言ではない。

 そもそも今回の天皇賞は、キタサンブラックを筆頭にソウルスターリング、マカヒキ、リアルスティール、サトノアラジン、サトノクラウン、ネオリアリズム、ワンアンドオンリーといった国内を代表するトップホースが出走するレースで混戦模様となっている。最強馬・キタサンブラックに、ダービー馬2頭、さらに宝塚記念や安田記念の勝ち馬、ドバイと香港のG1レース優勝馬という豪華な顔ぶれが挑む構図に、多くのファンが興奮を隠し切れないはずだ。

 これほどハイレベルなレースはなかなかお目にかかれないので、競馬ファンでなくてもレースをチェックしたり馬券を購入することをお勧めしたい。それだけの価値がこの天皇賞にはあるのだ。

 とはいえ、10月22日に行われた第78回菊花賞が10番人気、13番人気といった人気薄馬の好走で5500倍を超える大波乱となったように、競馬は一獲千金が狙える一方で、一般人にとっては予想が難解だ。しかし難解だからこそ、馬券を的中させれば、臨時の収入になり、人生も豊かになるといえる。

 そこで今回は、どんな素人でも、たとえば武豊しか騎手を知らなくても、馬券を的中させられる可能性が高まる、“とっておきの情報”をお伝えしよう。それは、競馬を知り尽くすプロ集団を活用することだ。それは、スポーツ紙や競馬専門紙といったマスコミではない。既存マスコミの記者の多くは、あくまでもサラリーマンであって“競馬のプロ”とは言いがたい。本物の競馬のプロとは、「実際に競馬関係者として内部に精通し、裏も表も知り尽くす存在」のことだ。

 今回紹介する「プロ集団」は、日本中央競馬会(JRA)の騎手を育成する競馬学校の元教官や、実際にJRAでG1レースを勝利した元調教師、さらに馬主協会の理事を務めた大物馬主関係者や、競馬界の中心にある社台グループの元スタッフで馬産地と密接な関係を持つ関係者、さらに現場歴40年以上で厩舎関係者とは家族ぐるみの付き合いがあるという大ベテラン記者など、競馬の裏も表もすべて知り尽くす本物のプロたちだ。そんじょそこらのマスコミやプロもどきの予想家とは「格」が違う

 もちろん、どんなに肩書が凄くても実績が伴わなければ意味はないが、彼らの実績は申し分ない。天皇賞(秋)に関しても、7番人気馬・6番人気馬がそれぞれ2位・3位に入った昨年のレースで、馬連2420円、3連複7430円という馬券を見事に的中させたほか、14年、13年も的中させた実績がある。また前回の衆院選直後に行われ、14番人気馬・アルマワイオリの好走で波乱となった朝日杯フューチュリティステークスの万馬券も的中させるなど、まさにこのタイミングで注目すべき存在だ。

 彼らは、なぜ波乱となったレースで馬券を的中できるのか――。その理由は「圧倒的な情報力」にあるといっていいだろう。競馬において重要な情報とは、「社台グループ情報」「騎手、厩舎情報」「馬主、生産者情報」の3つに集約される。

 生産者リーディング、馬主リーディングを何年も独走している社台グループの情報がビッグレースでカギを握っているのは当然だ。昨年の天皇賞(秋)も社台グループの関連馬が上位を独占していることからもわかるだろう。このプロ集団には、元社台スタリオンで場長を務めた関係者が中心となって社台系専属情報ルートを確立し、ほかでは入手できない社台グループ情報を極秘入手しているのだ。

 さらに前述したように元JRA騎手学校の教官がいることから、騎手情報に強いのは言うまでもない。そして元JRA調教師とベテラン競馬記者によって、調教師情報も詳細に掌握している。競馬の中心である関西情報も、栗東トレセンに隈無く散らばる「栗東Aランク情報ルート」が、どんな些細は話も逃さないという。

 加えて、競馬の実権を握るといわれる馬主やオーナーブリーダーといった生産者の情報も、馬主協会の理事を務めた大物馬主関係者によってサポートされている。

 これらの態勢からもわかるように、このプロ集団が把握している情報は、一般に出回る情報とは天と地ほどの差があるのだ。そんな彼らが今年の天皇賞(秋)について、次のように、かなりの手応えを感じている様子だ。

混戦ではなく断然、“1強”です。その裏事情も理由もすべて完全に把握しています。キタサンブラックは、ある理由からここでは割り引きます。さらに、昨年“激走情報”を掴んだ人気薄馬と同じ情報レベルの馬が今年もいます。断然1強の馬、そして人気薄馬との組み合わせで、今年も好配当が期待できます」

 なお、彼らによると、この記事を読まれている方に対し、特別に昨年も馬連2420円を的中させている『天皇賞秋・3点勝負』を無料で配信してくれるという。しかも、自信の証明として、的中できなければ有馬記念までの全G1レース情報も無料で公開するという特典付きだ。

昨年も見事に的中、今年も期待が高まる

 また、天皇賞の無料情報だけでなく、『ワケアリ推奨馬券』『社台系出走馬情報』『今週の目イチ馬主』『GI直前関係者情報』『レース傾向・狙い馬』など、馬券に役立つ情報も満載。あなたの競馬ライフが一気に充実することは間違いない。

 彼らは、利益を独占できる立場にありながら、その情報を独占せず競馬ファンに開放している。それは、「皆様に1枚でも多くの的中馬券を届け、100円でも多く儲けていただきたいと強く思っている」という信念に基づく。そのため、多くの競馬ファンから絶大な支持を集めている。

 彼らの勝負情報を利用すれば、天皇賞(秋)の的中馬券を手にできる可能性は高い。ぜひ、このチャンスを逃さないでいただきたい。
(文=編集部)

無料公開 → 『天皇賞秋・3点勝負』競馬セブン

※本稿はPR記事です。

天皇賞(秋)、最強馬・キタサンブラックに不安あり?国政選挙後の競馬はいつも大荒れ?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラック天皇賞武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!