NEW

ビル・ゲイツ、藤井聡太四段、英王室まで取り入れる、話題の“モンテッソーリ教育”とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 真似をするのが大切な時期に、正しい振る舞いを子どもに見せてあげましょう。ただし、教え込むこと、そして、他の人が言っていることと矛盾が生じることは禁物。注意が必要です。

■子どもの無限の可能性をうまく花開かせるために

 子どもには将来の希望がたくさん詰まっていますが、特に「敏感期」の子どもたちは、無限の可能性を秘めています。真っ白なキャンバスに、自分の色を描いていく時期ともいえるでしょう。

 だからこそ、親が子どもをコントロールしようとせず、子どもがどんどん自主的に新しい活動ができるようなサポートをするべきです。そして困っている時はそっと手を差し伸べましょう。やり方がわからないようであれば、ゆっくりやってみせてあげてください。

 本書はお手頃な文庫サイズでありながら、子育てのヒントがたくさん詰まっています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

ビル・ゲイツ、藤井聡太四段、英王室まで取り入れる、話題の“モンテッソーリ教育”とはのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、モンテッソーリ教育教育藤井聡太の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事