NEW

勤続30年、定年まであと3年なのに退職決意した女性にエール「おかしな客のせいで辞めないで!」「気持ちはわかる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

勤続30年、定年まであと3年なのに退職決意した女性にエール「おかしな客のせいで辞めないで!」「気持ちはわかる」の画像1
Photo by Rennett Stowe from Flickr

 些細な誰かの一言や、ちょっとした出来事がきっかけで何かが崩れ、全てがどうでもよくなったり、いつもならば笑ってスルーできる暴言をなぜか今日はスルーできなかったり……そんな経験(?)をしたことのある人はきっと多いだろう。このトピ主も普段ならスルーできる一言をきっかけに退職を考えたという。

◎「ババア」とののしられて、会社を辞めます

 トピ主(女性・推定50代)は定年まであと数年。勤めを続ける中で、当然ながら色々と嫌なこともあったが、乗り越えてきた。それなのに……。

「先日、『ババア、遅いんだよ!』と言われて何かが切れました。

そんな客は今までもいた。『本当にすみませんでした。』って軽く言い返せるくらいの修業は積んできたはず。

なのに…黙って睨み返してしまった。

『なんだよ。その不細工な面は。お前が愚図なんだよ。どれだけ待たせるんだ、のろまババア。』

自分が美人でもなく、愛嬌もないのはわかっていて、真面目に正確に仕事をするのをモットーにしてきたのに。

同僚が受け付けて忘れてしまったらしい客に気づいて、慌てて書類を作成して、『お待たせして申し訳ありませんでした。』と渡したところに、この言葉。」

勤続30年、定年まであと3年なのに退職決意した女性にエール「おかしな客のせいで辞めないで!」「気持ちはわかる」のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!