NEW

育児放棄報道の真木よう子、事務所も制御不能か…精神面への不安広がる

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真木よう子

 芸能界の“新・お騒がせ女優”になりつつある真木よう子。そんな彼女にまたスキャンダルが発覚した。17日発売の『女性自身』(光文社)が、真木の新恋人の存在と長女の育児放棄を匂わせる記事を掲載したのだ。

「『女性自身』によれば、新恋人はいくつもの飲食店を経営するイケメン実業家A氏。彼女はその彼の店の常連で、ツーショット写真まで掲載されています。ですが、A氏によると交際していたのは今年1月から6月までで、すでに2人は別れているとか。一方、育児放棄疑惑については、真木の元夫である片山怜雄の自宅から学校に通う長女の姿を連日確認しており、それにもかかわらず真木はA氏と深夜に会っていたといいます」(スポーツ紙記者)

 真木といえば、今年7月クールで主演した連続テレビドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)に出演したものの、低視聴率の末、9話で打ち切り。同時にツイッターでのトラブルやコミケ騒動が話題になるなど、トラブルが続いていた。

「ドラマ『セシルのもくろみ』の打ち上げでは主演にもかかわらず、会場内で失踪騒ぎを起こしています。ビックリした周囲が探した結果、なんとトイレで寝ているところを発見されたそうです」(同)

 ドラマも終わり、やっと落ち着ける時間をつくっていると思われた矢先のスキャンダル。こんな状態ではファンならずとも、彼女のメンタルが心配されるが……。

「それが冗談にならないほど、真木の精神面が心配されています」とは、ある芸能事務所関係者。

「『セシル』終了後、真木は韓国映画のリメイクとなる来年公開の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の撮影に入るのですが、本当に撮影ができるのか、と関係者は不安でいっぱいだそうです。また真木の所属事務所は俳優が中心のフライングボックスですが、すでに彼女をコントロールできる状態ではなく、今回の『女性自身』の報道でも事務所はまったく本人から聞き取りができる状態ではなかったとか。これから改めて真木と事務所が話し合いを行うと思うのですが、契約を含め、これから先はまったくわからないですね」

 抜群のスタイルと演技力を兼ね備えた真木だけに、きちんと体調を整え、まだまだ活躍してもらいたいものだ。
(文=編集部)

育児放棄報道の真木よう子、事務所も制御不能か…精神面への不安広がるのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビ真木よう子韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!