NEW

ジャニーズ、マスコミ各社へ「香取慎吾は嘘つき」との情報工作…テレビ局の起用に難色

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 9月9日にジャニーズ事務所から独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人だが、“古巣”との冷戦が激化しているとみる関係者は多い。

 当初、ジャニーズ社長のジャニー喜多川氏は、「どこにいようとも、またどのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません」というメッセージを発表し、3人の今後を見守るとしていたが、実情は完全に対立してしまっているという。

 特に、香取が『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で放った一言は、ジャニーズサイドに相当な禍根を残してしまったようだ。

 香取は9月23日放送の同番組生放送終盤で、「『SmaSTATION!!』が終了というのが新聞に載ったっていう話を聞いて、『えっ、終わっちゃうの』って思っていた」などと発言。番組の終了について、ジャニーズサイドからは一切知らされず、報道で初めて知るという“仕打ち”を受けたことを暴露した。それに伴い、ファンからはジャニーズサイドへの批判が殺到した。

「一方、ジャニーズサイドは『報道前に、香取は確実に終了を知っていた』とする旨を、各週刊誌で展開。“身内”である女性週刊誌どころか、敵対関係の写真週刊誌までジャニーズサイドの弁を掲載しており、この点だけは絶対に譲れないという強い意志が感じられました」(週刊誌記者)

 この“香取の嘘”疑惑については、子飼い状態となっているスポーツ各紙にも、ジャニーズサイドは協力要請を行っていたという。

「各紙のジャニーズ担当記者に、香取が嘘をついていたとする記事を書くよう、依頼があったようです。しかし、香取サイドも『番組で話したことが真実』と主張しており、どちらの言い分にも確固たる証拠はない状態で、それでは記事化はできないとして、どこも引き受けられなかったようです」(同)

“言った、言わない”の争いは、どこまでも平行線をたどっていきそうだが、それ以外でもジャニーズサイドからは、3人の足を引っ張るような言動が見え隠れし始めている。

「ある民放キー局のプロデューサーが、3人の番組出演可否をジャニーズサイドに確認したところ、『聞かなかったことにする』と突っぱねられたそうです。やはり、ジャニー社長の希望通りには、独立は進んでいないということです。そもそも、本来であればテレビ局サイドが、わざわざジャニーズにお伺いを立てる必要もない話ですが」(テレビ局関係者)

 平行線の主張に、見えざる圧力。ジャニーズと3人の冷戦は今後も続くだろう。
(文=編集部)

ジャニーズ、マスコミ各社へ「香取慎吾は嘘つき」との情報工作…テレビ局の起用に難色のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャニーズ事務所稲垣吾郎香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!