NEW

「女性はずるい」オードリー若林が性別役割分業志向を吐露、中谷美紀「私は無理」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「女性はずるい」オードリー若林が性別役割分業志向を吐露、中谷美紀「私は無理」の画像1
オードリー若林正恭

 10月29日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系、日曜朝7:00~)のゲストは、中谷美紀(41)、オダギリジョー(41)、オードリーの若林正恭(39)。昨年キューバを5日間旅したことで新しい自分と出会ったという若林が、海外旅行経験が豊富で著書『インド旅行記1~4』(幻冬舎文庫)を持つ中谷と、キューバと日本の合作映画『エルネスト もう一人のゲバラ』(10月6日より公開中)で主演を務めているオダギリに、海外の話を聞きたいと思い指名したのだという。「ボクらが旅に出る理由」というテーマで繰り広げられる30分のトークからは、3人の人生観や結婚観、男女観といったものが浮かび上がったのだが、特筆したいのは性別役割分業志向についてだ。

 まず海外旅行、日本と他国の違い、仕事とプライベート(休暇も含め)の比重などについて語らった後、3者は日本の映画業界の話に突入した。単館系の映画館が軒並み廃業してきていることを寂しく思う中谷は「小さいうちに良い映画を見る環境にいないと、大人になった時にまた観たいという風に、なかなか思わない」と考え、オダギリに対して「映写機を持って全国各地の小学校を回ってみては」と突拍子もない提案を持ちかける。するとオダギリは、それなら中谷も同伴してほしいと言い出した。以下はその続きのやり取りである。

「女性はずるい」オードリー若林が性別役割分業志向を吐露、中谷美紀「私は無理」のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!