NEW
富家孝「危ない医療」

ブラック病院網の衝撃の実態…不必要な手術を繰り返し報酬稼ぎ、2週間ごとに転院

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 私は大阪出身だが、地元に帰ってよく聞かされるのが、関西に多い「悪徳病院」の話だ。悪徳というと、悪代官を思い浮かべ、「お主もワルよのー」といったイメージだが、まさにそういう病院が実際にある。今では、こういう病院を「ブラック病院」と呼んでいる。

 ブラック病院の典型例は、たとえば今年3月に生活保護法などに基づく医療機関の指定を取り消された大阪府堺市の医療法人「植田クリニック」だろう。

 このクリニックでは、2011年11月から16年10月までの5年間で、ほかの病院に入院中の生活保護受給者に対する架空の診療報酬を請求したり、診察せずに受給者の自宅にクスリを届けて請求したりする行為を繰り返していた。要するに、マスコミ的にいうと「生活保護受給者を食い物にしていた」のである。

 こういうと語弊があるので、ここで確認しておきたいのは、生活保護受給者には医療費の自己負担がないことだ。つまり、医療費が無料である。ただし、かかった医療費は医療機関が請求することで、全額が国・自治体から支払われる仕組みになっている。とすれば、病院にとってこんないい「顧客」はいない。何しろ、医療費を取りっぱぐれることはないからだ。また、この制度を悪用して、病院からクスリを無料で仕入れて転売する生活保護受給者も存在する。

 こうした結果、生活保護受給者に対する医療費は、生活保護費全体の約5割に達している。

 国の統計資料をみると、生活保護受給者の人数がもっとも多いのは大阪府で、100人当たり3.35人。以下、北海道、高知県、福岡県、京都府と続いている。もっとも少ないのは富山県で同0.32人。大阪の約10分の1だ。

 人数をみると、大阪の次は東京都、神奈川県が来る。東日本は西日本に比べて受給者が少ないが、都市部だけは例外。日本は都市部で貧困化が進んでいる。

 この状況を最大限に利用しているのがブラック病院で、ブラック病院の数は生活保護受給者の数と比例しているといっていい。

ぐるぐる病院


 病院による“生活保護受給者ビジネス”の大掛かりなものに、“ぐるぐる病院”がある。これは、ひと言でいうと、生活保護受給者の入院患者の「たらい回し」である。

ブラック病院網の衝撃の実態…不必要な手術を繰り返し報酬稼ぎ、2週間ごとに転院のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ブラック病院医療費生活保護受給者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!