NEW

“中国ウルトラマン”はなぜ誕生したのか? 深くて楽しい『ウルトラマン』海外進出の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1711_ultr01.jpg
『鋼鐵飛龍之再見奥特曼』PV(YouTube)より

 飛び出たアゴに、きれいに割れた腹筋。中国で制作され、現地で10月1日から上映開始となった3DCGアニメの新作ウルトラマン『鋼鐵飛龍之再見奥特曼』(邦題『ドラゴンフォース~さようならウルトラマン~』)。今年7月10日に制作が発表され、その後YouTubeなどを通して日本でもPV映像が視聴することもできたこともあって、独特なデザインが賛否を招きながらも、特撮ファンを中心にネット上では大きな話題になった。

 だがこれに対し、円谷プロダクションはすぐさま「当社は一切関知しておらず、本件映像作品は当社の許諾・監修等なく製作されているものです。当該発表会及び映像におけるウルトラマンキャラクターの利用方法、態様等は、ウルトラマンブランドを著しく毀損し、断固として非難すべきものであり、到底認められるものではありません」と、公式サイトにて声明を発表。「法的措置を含む断固とした措置をとってまいる所存」と続けたが、まるで何事もなかったかのように、現地では『鋼鐵飛龍之再見奥特曼』の上映が開始されている。

 キャラクタービジネスをずさんに扱うイメージが強い中国ではあるが、初代の放送から今年で51年目という長い歴史を持つ『ウルトラマン』シリーズだけあって、1970年代から海外の制作会社と合作を行うなど、海外進出の歴史も長い。そのなかには複雑な事情も存在すし、今回の中国ウルトラマンに関しても複雑な経緯があり、なかなか解決は難しいだろうと伝える報道もある。

 そこで今回は、ロックバンド「モノブライト」のベースでありながら、「東映特撮ファンクラブ」でコラムも手掛けるほどの特撮マニアとして活躍中の出口博之氏に『鋼鐵飛龍之再見奥特曼』の印象を聞きつつ、『ウルトラマン』の主な海外進出の歴史を解説してもらった。


――通称“中国ウルトラマン”こと、『鋼鐵飛龍之再見奥特曼』が公開されました。ことの是非はともかく、まずPVをご覧になってみていかがですか?

出口博之(以下、「出口」) いや、よくできていますよね。2015年に円谷プロさんがYouTubeで公開した『ULTRAMAN_n/a』という、フルCGアニメの『ウルトラマン』がありますが、それに勝るとも劣らないクオリティです。さすがに腹筋とアゴはちょっと目につきますが(笑)、これが『ウルトラマン』だという定型はあるようでこれというものが決まっていなかったりします。新しい解釈だといえば、その範疇かなと。

――日本のアニメやゲームのキャラクターが欧米でデザインされると、マッチョになったりしますよね。ああいう感じと近いのかなと思いました。

出口 中国の嗜好というか、「ヒーローとはこうあるべき」という姿が、欧米のヒーロー像に強く影響されているのかもしれないですね、日本と欧米のいいとこどりというか。


長くて深いチャイヨーとの溝から誕生した中国ウルトラマン

――改めて『ウルトラマン』の海外進出の歴史について教えてください。


1711_ultr02.jpg
『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』VHSジャケット


出口 『ウルトラマン』は世界の100を超える国や地域で展開されています。今回のようにオリジナル新作が海外で制作されたケースを挙げるなら、タイのチャイヨー・プロダクションという制作会社が1974年に円谷プロと合作(当時)で作品を作っています。最初は関係性も良好で、『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』という、ハヌマーンという神様(インド神話などに登場する白猿姿の神)とウルトラ6兄弟が協力して怪獣軍団をやっつけるというストーリーの映画ですね。

 仏教国だけあって、良いことをしたら良いことが、悪いことがしたら必ず罰が当る、という描写が強調されていて、物語の導入で仏像を盗んだ泥棒をハヌマーンが握りつぶすというシーンがあるんですよ。日本人からすると「やりすぎじゃね?」と思うところもありますが、タイでは成立しているらしいんです。怪獣とヒーローが大勢登場して、大立ち回りを披露する――子どものころに見ましたけど、純粋に楽しかったです。まぁそこからチャイヨー・プロダクションと円谷が著作権を巡ってもめるようになって……

――そこのところは、それだけで1冊の本になるぐらい複雑ですよね。

出口 円谷の経営悪化や香港の会社なんかも関わっているんですよね。融資だ、いや売却だなんだ、というのがあって、権利は結局どちらが有しているのか……裁判も何度もやっていますが、結果が国によって違っているぐらい、ねじくれた状態。さらに今回の中国ウルトラマンは、その絶賛係争中のタイのチャイヨーから権利を譲渡されて制作されたものと主張しているんです。状況は輪をかけて複雑になっていますから、中国ウルトラマンの展開を止めるのも難しいだろうと思います。

“中国ウルトラマン”はなぜ誕生したのか? 深くて楽しい『ウルトラマン』海外進出の歴史のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ウルトラマンドラゴンフォース~さようならウルトラマン~モノブライト中国出口博之鋼鐵飛龍之再見奥特曼の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!