NEW

香取慎吾『72時間テレビ』、大手事務所の大物出演が波紋…テレビ界、ジャニーズ優遇終焉か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CULEN HP」より

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が11月2日~5日にインターネットテレビ局・AbemaTVが放送する『72時間ホンネテレビ』に出演する。ジャニーズ事務所独立後、初めて3人がテレビで共演することになり、注目を集めている。10月24日には稲垣が『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演し、番組宣伝をした。テレビ局関係者が語る。

「AbemaTVはサイバーエージェントとテレビ朝日が出資していますから、本来であればテレ朝の番組で宣伝するはず。それができないのは、テレ朝がジャニーズとの関係を優先しているからでしょう。実際、香取がMCを務めていた『SmaSTATION!!』は視聴率8%程度と23時台では全然悪くない数字なのに、終了に追い込まれた。そして10月から時間帯こそ違いますが、ジャニーズの東山紀之がMCの情報番組が始まった。視聴者にもすぐに見抜かれてしまうほどの、ジャニーズへの気の遣い方です」

 テレビ局だけでなく、他の芸能事務所も3人との共演に躊躇している。『72時間』のゲストを見れば、わかりやすい。現段階では市川海老蔵、堀江貴文、亀田興毅、GLAY、山田孝之、関根勤、キャイ~ンの出演が発表されている。

「女優を抱える事務所は、退所組と共演するとドラマ界で幅を利かせているジャニーズに敬遠されるのではないかと怖がっているのでしょう。堀江や亀田などはいずれも芸能界の論理と関係ないところで生きている人たち。ジャニーズとのしがらみを考える必要がない。山田はスターダスト所属ですが、俳優として地位を築いていますからね」(同)

 そんな状況下で、関根勤とキャイ~ンの出演は意外にも思える。キャイ~ンは香取の連絡先も知る親友とはいえ、バラエティ番組でこれまでに何度もジャニタレたちと共演してきた彼らは、なぜオファーを受けたのか。

「萩本欽一が所属する浅井企画は退所した3人に協力的な姿勢を見せています。香取慎吾メインの『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)に10月18日には萩本、翌週にはANZEN漫才のみやぞんが出演。他の事務所が3人との共演を渋っていると伝えられるなかで、異例ですよ。
 
 もっとも、ジャニーズは萩本に借りがあるから、浅井企画には大きく出られない。1980年代、萩本とジャニーズのジャニー喜多川社長はよく連携していて、過渡期に入っていたシブがき隊が『欽ドン!』のレギュラーになったり、『欽きらリン530!!』でジャニーズのタレントと欽ちゃん推薦のタレントで『CHA-CHA』が生まれたりした。その『CHA-CHA』で草なぎ剛がデビュー寸前までいったのは有名な話です」(前出と別のテレビ局関係者)

香取慎吾『72時間テレビ』、大手事務所の大物出演が波紋…テレビ界、ジャニーズ優遇終焉かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャニーズ事務所萩本欽一香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!