NEW

警視庁捜査二課、あまりに過激な集団の正体…外務省・巨大汚職を暴く

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清武英利氏

『連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた二課の男たち~』が、佐藤浩市、江口洋介、北村一輝、萩原聖人、飯豊まりえ、という豪華キャストで11月5日夜10時から、WOWOWで放映される(毎週日曜夜10時 全8話)。読売巨人軍の元代表で、現在はノンフィクション作家として活躍する清武英利氏の『石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの』(講談社)が原作だ。

 外務省機密費を暴いた警視庁捜査二課の男たちを描いた、昨今のドラマとしては異例といえる骨太の内容で、タブーに挑戦した作品だ。刑事の捜査の足取りを丁寧に追い、彼らの息吹まで伝わってくる。

 原作者の清武氏に、本作を執筆するに至った経緯や、苦労した点などを聞いた。

捜査二課の刑事たちの実態

 詐欺や通貨偽造、金融犯罪、経済犯罪、企業犯罪などの知能犯、そして本作のテーマとなった、公権力における汚職を取り締まるのが捜査二課である。

 ノンフィクションや小説、映画、ドラマに登場するのは、殺人、放火、強盗、性犯罪などを取り締まる部署である捜査一課が圧倒的に多く、捜査二課が取り上げられることは少ない。が、取材に苦労したことはあるのだろうか。

「二課の人は、現職はもちろん、OBも保秘の意識が骨の髄まで染みています。『お話しします』と言ってくれる人は、なかなかいないですね。一課や公安の人は、けっこうしゃべる人も多いのですが、二課はマスコミに対する警戒感があらわで、そこは苦労といえば苦労ですね。たくさんの人と会って、信頼関係を築いて、話を聞いて、再現していくというのは、特ダネを取るということと同質だと思うんです」(清武氏)

 汚職のことを二課では、「汚」の字から「サンズイ」という隠語で呼ぶ。二課の刑事たちは、「体制を外から破壊するのが革命ならば、サンズイは内側から体制をじわじわと蝕んでいく。それを摘むのがお前たちの仕事だ」と教えられると、同書では紹介されている。この言葉は、革命を防ぐ公安部を意識した言葉なのだろうか。

「そうかもしれないですが、直接、公安部を意識して生きているわけではないでしょう。彼らは生きる意義や、働く意味ということを常に考えているのだと思います。汚職というのは、体制を一から崩していくシロアリのような存在だから、それを防ぐために自分たちがいるという意識が、ずっと引き継がれているのでしょう」(同)

 同じ警察官でも、部署によって性格が違ってくると聞くが、二課の人たちはどうなのだろうか。

警視庁捜査二課、あまりに過激な集団の正体…外務省・巨大汚職を暴くのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、山一證券汚職警視庁捜査二課の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!