NEW

『ドクターX』、大物キャストが次々「消える」異例事態の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米倉涼子

 今クールの連続テレビドラマで現在、一人勝ち状態の『ドクターX 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)。大地真央、野村周平など話題の出演者も多く、第1話では平均視聴率20%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をたたき出した。

 しかし、大地や野村も新シリーズのレギュラーキャスト陣となると思いきや、大地は1話のみ、野村も1~2話のみの出演というまさかの展開。視聴者もこれには驚いているようだが、テレビ局関係者は語る。

「これもテレ朝の戦略というか、制作部のテクニックですよね。海外ドラマでは、いくら人気だったり主要のキャストでも劇中で殺したり、行方不明にさせたりするんですよ。そういった演出の方法を取り入れてるのではないかなと思います。それに、人気作だと使える制作費も潤沢なので、1話のみでも大物をキャスティングできる。大地さんは諸々事情があり1話のみの出演となりましたが、逆に存在感を残すことに成功しました」

「女性セブン」(小学館)によると、テレ朝はシーズンを通じて出てほしいと大地側にオファーしたものの、実績的にも米倉涼子に次ぐ2番手として出演することはできなかったという。

 そんなテレ朝が最近試みているのが、長寿ドラマへ若手俳優を出演させること。作品の若返りが目的だと思われるが、『ドクターX』の野村周平だけでなく、『科捜研の女』では中川大志が鑑定人役として出演している。

「野村くんはキーパーソンとなる若手医師を演じていました。大手事務所のアミューズのなかでも特にイチ押し俳優なので、スケジュール面でいうと、どの大御所よりもスケジュールはパツパツのはず。でも、『ドクターX』からお声がかかるなんて幸運ですから、2話分だけでも出演させたかったのでしょう」(同)

 大地、野村以外にも『ドクターX』シリーズ初参加となる俳優は多数おり、NHK大河ドラマ『真田丸』出演後からオファーが絶えない草刈正雄もその一人だ。草刈は今回、登場人物のなかでも1、2を争う“変わり者”を演じており、自身が持つ独特の雰囲気をどう生かすのか見物である。

 米倉は同作に出演中は毎回ご満悦のようだが、今回はとくに自信があるようで、撮影中もかなりテンションが高いようだ。ストーリーが進むにつれて新たな出演者にも期待できそうだが、すでに今クールのドラマの勝者は決まった。
(文=編集部)

『ドクターX』、大物キャストが次々「消える」異例事態の裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ドクターX 外科医・大門未知子大地真央米倉涼子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!