NEW

芸能界、元SMAP退所組に協力へ…大手事務所が軒並み『72時間』出演、音事協も容認か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AbemaTV HP」より

 9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が初めて共演するインターネットテレビ番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)が11月2日の午後9時から始まり、5日の午後9時まで放送された。3日間の累計視聴者数は7400万を超え、大きな反響を呼んだ。

 エンディングでは3人とも「楽しかった」と声を揃え、満足した表情で番組を終えた。久しぶりに3人の笑顔を見て安心したファンも多かったことだろう。

 今回の『72時間』では、芸能界で大きな力を持つジャニーズ事務所を辞めた3人に、ほかの事務所がどこまで協力するのか注目されたが、吉本興業のタレントは出演しなかった。芸能界関係者が話す。

「吉本のタレントのなかには、品川庄司の品川祐のようにツイッター上でエールを送っていた芸人もいた。しかし、ほとんどの大手事務所のタレントが出演したにもかかわらず、吉本の芸人が誰も出なかったということは、今のところ吉本は退所組の3人とは共演NGなんでしょう」

 しかし、吉本が出なかったことで、その分の枠が空き、他事務所にとってはチャンスになったといえる。別の芸能界関係者は語る。 

「芸能界で活動していく3人にとって、この番組は大きな道を開きました。まず、2日目に堺正章と対談したこと。“芸能界のドン”ともいえる彼と共演したことで、テレビ各局に『3人を使ってもいいんだ』と認識させました。また、最終日に谷原章介がゲスト出演した意味合いも絶大でした。彼の所属事務所社長は音事協の理事も務め、現在芸能界のなかで急激に力を付けてきている。俳優だった谷原が児玉清のあとを継いで『アタック25』の司会になり、NHKの『うたコン』の司会まで奪った背景には事務所の力も大きい。

 しかも、番組内での谷原は、香取が扮したドナルド・トランプ大統領のパロディ『カトルド・トランプ』のSP役として、雷門近くや浅草寺を歩くという役回りだけでした。今や大御所となった谷原がそんな出方をしたことで、音事協が退所組に付いていると受け取る業界人も多いですよ。元SMAPマネージャーの飯島三智氏の手腕が改めて評価されています」

 SMAPというグループ名、SMAPの曲名、事務所に残っている木村拓哉、中居正広の名前さえ口にできないことがわかった今回の『72時間』だが、芸能界に確実に新たな風が吹き始めたといえよう。
(文=編集部)

芸能界、元SMAP退所組に協力へ…大手事務所が軒並み『72時間』出演、音事協も容認かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、72時間ホンネテレビジャニーズ事務所香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!