NEW

香取の『仮装大賞』出演、日テレがジャニーズへ根回し怠り波紋…『72時間』成功の衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)より

 10月30日、日本テレビの社長会見で、『全日本仮装大賞』への香取慎吾の出演続投が正式に発表された。

 例年は9〜10月に選考が行われ、翌1月に放送されていた同番組だが、今年はその予選が始まっていないどころか、番組自体が存続の危機に面しているとの報道もあった。実際、9月中旬に行われた定例会見でも、福田博之編成局長が「『仮装大賞』は単発番組で、次の放送予定も決まっておりません」と発言するなど、日テレも曖昧にしてきた。

 それがなぜ、ここにきて出演続投をわざわざ明言したのだろうか。

「内々に香取の出演について話を進めていたところ、『女性自身』(光文社)に情報をキャッチされ、正式発表前に所属事務所に取材を当てられてしまったんですよ。焦った日テレは、早々に香取くんの続投発表に踏み切った。

 ところが、『女性自身』の動きがあまりに早かったため、日テレは香取の元所属事務所であるジャニーズ事務所への事前の根回しが間に合わなかった。『仮装大賞』はすでに1月1日にスタジオ収録、同15日放送予定で一気に動いてはいるものの、ジャニーズに対してどう説明しようかと、局内には緊張が走っていますよ」(テレビ局関係者)

 一方、11月2~5日に放送された香取、草なぎ剛、稲垣吾郎の元SMAP3人によるインターネットテレビ番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)が3日間で累計視聴者数が7400万にも上り、「風向きが変わりつつある」と見る関係者も少なくない。

「香取ら3人が現在所属する事務所CULEN(カレン)は、某大手芸能事務所がバックアップをしているといわれています。現状は資金提供などではなく、弁護士を紹介するなど“人的支援”のみのようですが、いずれ業務提携なども考えているのではないかと業界内で噂されています。これまでは様子見の姿勢でしたが、今回の『72時間』の成功によってスポンサーも彼らに傾く可能性は十分にありますし、今後そのバックアップ体制はより強化されていくのではないでしょうか。そうなれば、これまでジャニーズに気を使って3人の起用に及び腰だったテレビ局も、そうは言っていられなくなると思いますよ」(芸能界関係者)

 自分たちの人気を自ら証明し、テレビ界に大きな衝撃を与えた元SMAPの3人。『仮装大賞』を皮切りに、今後テレビでも彼らの姿を見る機会が増えてくるのではないか。そう、期待せずにはいられない。
(文=編集部)

香取の『仮装大賞』出演、日テレがジャニーズへ根回し怠り波紋…『72時間』成功の衝撃のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、72時間ホンネテレビジャニーズ事務所香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!