NEW
世界を動かす「カテゴリーキング」の正体(4)

モハメド・アリ、ガンジーに学ぶ成功の条件…両者の意外な共通点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生活の中にあるニッチを見つけ、そこに入り込む。規模は小さくても目立つ存在になれば、カテゴリーキングの道筋が見えてくる。「彼らが世界に遺す爪痕は小さいかもしれないが、それでも爪痕は爪痕だ」――これは、著者の心強い言葉である。

 では、個人でカテゴリーキングとして君臨するには、どのようなことが必要なのか。ほんの一部だが、以下にまとめよう。

・「特定の問題を解決するならあなたに頼ればいい」という評判が広がるようになる
・“ベター”よりも“ディファレント”。他者の土俵で相撲を取らない
・デザインすべきは「カテゴリー」だけではない。「人となり」「できること」も同時にデザインすること
SNSなどを通して自分を表現する
・満足した生活が送れる日になるまでは、カテゴリーのクリエーターであり続ける

 ほかにもさまざまな要素があるが、詳しくは本書を読んでほしい。個人のブランディング戦略において、正しく理解を深めることができるはずだ。

 実際のところ、数多ある企業やたくさんの人の中でカテゴリーキングになれるのはごくわずかでしかない。しかし、彼らは同じ戦略で世界に名を轟かせる唯一無二の存在になっている。本書に書かれているのは正しい成功戦略であり、その方法を学ばない手はないだろう。
(文=編集部)

※本記事はPR記事です。

『カテゴリーキング Airbnb、Google、Uberは、なぜ世界のトップに立てたのか』

Facebook、Google、Salesfroce.com、Uber、VMware、Netflix、IKEA、Birds Eye、5-hour ENERGYやPixarが共通してやってきたことは?

彼らはみな、製品やサービスの新たなカテゴリーを創造し、発展させ、そして支配し続けてきたのだ。

amazon_associate_logo.jpg

モハメド・アリ、ガンジーに学ぶ成功の条件…両者の意外な共通点とはのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ビジネスブランディングマハトマ・ガンジーモハメド・アリの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!