NEW

マイルCS、1番人気馬が7連敗中で今年も波乱必定!大万馬券連発のアンカツのオススメ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週末はマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップ

 世の中には数多くの職業があるが、なかでも競馬評論家や競馬予想家といった職業は、理想的な仕事ではないだろうか。趣味を実益とし、定年はなく、プロスポーツ選手のような年齢による衰えの影響も少ない。逆に、過去のレースを知ることは大きな財産となり、若手にとっては絶対に越えられない知識と経験の壁がある。

 しかしプロとアマチュアの境界線があいまいなだけに、誰からも評価され、かつ実績のある人物は少ない。スポーツ紙で競馬記者と呼ばれる人たちは結局、サラリーマンであり、予想家としての予想実績や評論家としての活動は乏しいことが多い。むしろ、アマチュア競馬ファンに実績で劣るような人物も少なくない。

 今週末は、秋のマイル王決定戦ともいえる第34回マイルチャンピオンシップが開催されるが、7年連続で1番人気馬が敗退している同レースは、全国の予想家にとって腕試しに最適といえる。人気をつくるのは影響力の大きいマスコミだが、そのマスコミによってつくられた1番人気が7年も勝てていないのは、数あるG1レースのなかでも異例だ。だが、それがこのレースの難解さとマスコミの限界を物語っているといえる。もし、スポーツ紙や競馬専門紙を参考に馬券を買おうと考えているなら、今回はその考えを白紙に戻し、ある2人のプロによる予想を参考にしてはどうだろうか。

 その2人は、競馬のプロとしてまったく対照的である。片や東京大学を卒業した頭脳を持ちつつ競馬評論家としての道を選び、片や若くして競馬界に入り数多くの偉業を達成した伝説の騎手。スポーツ紙のサラリーマン予想家では到達できない「最強の頭脳」と「比類なき経験」を持つ2人が、その知識と経験に基づく予想を公開するのだ。これに勝るものは存在しないといっても過言ではない。

 東大卒の競馬評論家である水上学は、競馬において最も重要で難解な「血統評論家」として競馬ファンに知られている。血統傾向を絶対評価と相対評価に体系化することで、より実践的な予想理論に昇華。多角的な観点から競馬を検証する鋭い分析力は、ファンのみならず関係者からも支持を受けており、現代競馬を語る上で欠くことのできない最重要人物だ。その知識と話術は『競馬実況中継』(ラジオ日本)のメイン解説で聞くことができ、また雑誌「最強の法則」(KKベストセラーズ)などの媒体でも知ることができる。

 伝説の騎手である安藤勝己は、「アンカツ」という愛称から、競馬ファンだけでなく多くの一般人にも知られる存在だ。16歳で騎手となり、地方競馬で3353勝、2003年に日本中央競馬会(JRA)へ移籍して1111勝を挙げた。通算4464勝は、天才・武豊もまだ及ばない大記録だ。地方時代のオグリキャップに騎乗し、JRAではキングカメハメハ、ダイワスカーレット、ダイワメジャーといった名馬の主戦騎手としてG1レース28勝という大記録を達成。引退後は競馬評論家として人気競馬番組『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)に出演するなど多方面で活躍、Twitterのフォロワー数は15万人を超えるほどの人気を集めている。元騎手という絶対的な経験に基づく予想は他に類を見ない的確で、騎手の経験がないサラリーマン予想家がこの域に達するのは不可能だ。

 競馬予想は100人いれば100人の結論があり、そしてどれが正解なのかはレースが終わらないとわからない。しかし、どの予想が最も説得力があり、理に適っているかは、その予想家が持つ予想力によって決まる。そういった意味でも、この2人が持つ予想力は競馬界において絶対的で、唯一無二のものといえる。問題は、どこでこの2人の予想を見ることができるのかだが、その答えは競馬ポータルサイト「競馬ラボ」にある。

「競馬ラボ」は、世の中に星の数ほどある競馬サイトのなかで異例の、「すべてのコンテンツを無料」で利用できる完全無料サイトだ。大手スポーツ紙が運営するサイトや、「競馬ラボ」よりも古いポータルサイトはあるが、それらは途中まで無料だが、重要なところから有料といった仕組みになっている。しかし、競馬ラボはすべてのコンテンツが完全無料、メールアドレスの登録のみですぐに利用できるのだ。

 水上学の『血統トレジャーハンティング』では彼の血統理論を見ることができ、『メガ盛り競馬新聞』では安藤勝己と水上学の最終予想をチェックすることができる。実際にこの秋のG1レースを見てみると、安藤勝己は波乱となった第156回天皇賞(秋)で、勝ったキタサンブラックを本命に、2着に入ったサトノクラウンを2番手評価、さらに13番人気で3着に入ったレインボーラインも相手に選び、3連単5万5320円という高配当を的中させた。

 また、昨年のマイルチャンピオンシップでも、勝ったミッキーアイルを本命に選び、2着のイスラボニータは2番手評価、さらに7番人気で3着のネオリアリズムも相手に指定し、3連単4万290円という万馬券を的中させ、まさに「これぞプロ!」という予想力を発揮した。

 他方、水上学も第22回秋華賞にて本命に選んだリスグラシューを筆頭に、指名馬が上位を独占するなど、こちらも見事な予想を披露している。

 なお「競馬ラボ」は、この2人の予想以外にもほかでは見られない注目コンテンツが満載だ。競馬番組でもMCを務めていた現役モデルの今井りかが注目レースを予想する『りかのスーパーホースを探せ』、競馬歴8年のタレント安田美沙子の勝負馬券『美沙子のコレ買います』といったビギナー向けのコンテンツ、“美浦の地獄耳”という異名を持つベテラン競馬記者・古川幸弘の『穴ズバッ!』、競馬関係者へのインタビュー、ここでしか見られない4人の現役騎手、戸崎圭太・柴田大知・柴山雄一・高田潤のコラム、「トレセンの空気が感じられる」と評判の『美浦&栗東ホースマンDays』など、ハイレベルなコンテンツがあり、読み応えは抜群だ。

マイルチャンピオンシップでG1初勝利を目指すエアスピネル

 G1レースを徹底解剖する『総力特集』では、馬体フォーカス、有力馬直撃インタビュー、機密データファイル、血統プロファイリング、メガ盛り競馬新聞、コース分析など、レースの予想に必要なコンテンツが凝縮されている。特に人気を集める『メガ盛り競馬新聞』には、安藤勝己だけでなく、元JRA調教師の増沢末夫と小原伊佐美、元JRA騎手の谷中公一といった有名関係者の本気予想も見られる。

 マイルチャンピオンシップは難解なレースだが、この『総力特集』『メガ盛り競馬新聞』があれば自信を持ってレースに挑めるはずだ。

 前述したように、「競馬ラボ」の登録に必要なのはメールアドレスのみで、個人情報を提供する必要は一切ない。充実したコンテンツを楽しむのも良し、マイルチャンピオンシップに向けてさまざまな情報やデータを集めるのも良し。ぜひとも、この機会に競馬界最高のポータルサイトを利用してほしい。また、「競馬ラボ」の公式Twitterでは、どこよりも早い競馬ニュースを、公式ラインでは限定予想を公開と、各SNSを通じて競馬の魅力を届けてくれる。こちらも併せて利用すれば、さらに競馬を楽しめるだろう。

「競馬ラボ」では11月30日に「渋谷LOFT9」にてファン参加型のイベントを実施する。現役騎手の戸崎圭太も参加するなど、過去にも大きく盛り上がった競馬ファン必見のイベントだ。ちなみに、MCを務めるのは水上学だ。どんなトークが飛び出すのか目が離せない。イベントの詳細は、公式サイトをチェックしてほしい。
(文=編集部)

すべてのコンテンツ無料CLICK → 「競馬ラボ」

※本稿はPR記事です。

マイルCS、1番人気馬が7連敗中で今年も波乱必定!大万馬券連発のアンカツのオススメのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、マイルチャンピオンシップ安藤勝己水上学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!