NEW
平野雅章「FP相談1600件でわかった全体最適マネー術」

「割安度」最上位の生命保険は意外な2社! 20~40代の子育て世帯は要注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

生命保険の見直し」は駅ビルやショッピングセンターなどに店舗を構える保険ショップの増加により、すっかりお馴染みになった感がある。1つでさまざまな保障内容をカバーする大手生命保険会社のパッケージ型商品に加入している人から相談を受け、死亡、病気・けがの医療費、病気・けがによる収入減など個々の保障に分解し、必要な保障金額や期間を検討する。それに基づき、個々の保障に合わせて単品の保険商品を多くの保険会社から選び、組み合わせて加入し直しを提案するという方法が、典型的な見直しパターンの1つだ。

保険の見直しで提案されることが多い収入保障保険と医療保険


 単品の保険で提案されることが多いものに、「収入保障保険」と「医療保険」がある。収入保障保険とは定期保険の一種で、被保険者が死亡したときや所定の高度障害状態になったときに、加入時に設定した保険期間が終わるまで、遺族に毎月一定の金額が支払われる保険だ。たとえば、35歳時に年金月額10万円、保険期間65歳として加入し、すぐに亡くなった場合、遺族が受け取る年金総額は10万円×12カ月×30年=3,600万円となる。10年後の45歳時に亡くなった場合の年金総額は2,400万円と年月の経過により遺族が受け取れる総額も減っていく。特に子育て世帯は子どもの成長に伴い必要な保障額が減っていくことを考えると、合理的な保障の仕組みであり、保険料も安い。

 医療保険は入院や手術を受けたときなどに給付金が受け取れる保険で、先進医療を受けたときの実費を保障する先進医療特約もついているのが標準的なプランだ。

知名度は低いが収入保障保険と医療保険で高い競争力を持つ2社とは?


 収入保障保険と医療保険で、保険料と保障内容のバランス、つまり割安度で商品を評価すると最上位レベルにあると思われるのが、ネオファースト生命とメディケア生命の商品だ。「聞いたことがない保険会社だけど外資系?」と思う人も多いかもしれない。現時点では、知名度が低いと言わざるを得ない2社である。

 ネオファースト生命は、日産火災海上(現 損保ジャパン日本興亜)の子会社・DIY生命として設立され、2014年に株式譲渡により、第一生命の100%子会社となっている。メディケア生命は住友生命と三井生命の共同出資により設立され、14年より住友生命の100%子会社となっている。

「割安度」最上位の生命保険は意外な2社! 20~40代の子育て世帯は要注目のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ネオファースト生命メディケア生命生命保険の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!