NEW

ジャパンカップ、注目すべき穴馬!マスコミは完全ノーマーク、2強に割って入るのは必至

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年は日本馬・キタサンブラックが優勝

 2018年に行われるFIFAワールドカップに向けてサッカー日本代表の強化試合が話題を集めたほか、若き侍が集結したENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017も熱戦が繰り広げられた。また、来年には韓国で冬季オリンピックが開催されるなど、各スポーツの国際試合が盛り上がっており、どのスポーツでも日本選手の活躍を期待したいところだ。そんななか競馬においても、年に一度のジャパンカップに対する注目度が高まっている。

 今年で37回目を迎えるジャパンカップは、日本でもっとも歴史のある国際招待競走だ。優勝賞金は3億円と、日本国内で開催されるどのスポーツよりも高額で、過去には数々の世界的名馬が来日して日本のトップホースと激突した。

 過去の優勝馬は、ディープインパクトを筆頭にキタサンブラック、ジェンティルドンナ、ウオッカ、エルコンドルパサー、トウカイテイオーなど錚々たるメンバーが名を連ねる。しかし2005年のアルカセットを最後に外国馬の勝利はなく、昨今は日本馬がこのレースを圧倒している。今年も、連覇を狙うキタサンブラック、ダービー馬・レイデオロを筆頭に、サトノクラウン、ソウルスターリング、マカヒキ、ワンアンドオンリーといった日本を代表するトップホースが出走、3世代のダービー馬が顔を揃える豪華な一戦となった。海外から遠征してくる4頭の強豪を相手に、ホームでぜひとも勝利を掴んでほしい。

 電化製品や自動車だけではなく、競馬も日本ブランドが世界中で大活躍している。今年もドバイや香港で日本馬がG1レースを勝利し、また日本からオーストラリアへ移籍したトーセンスターダムが現地のG1レースを勝利するなど世界各地で結果を残しており、今後もさらなる活躍が見込めるだろう。

 ジャパンカップでは、キタサンブラックの武豊騎手とオーナーの北島三郎氏が注目されており、テレビやスポーツ紙などさまざまなメディアで特集が組まれている。それに合わせて競馬ファンの注目度も高まっており、まったくの初心者や競馬から離れていたファンからも「今回は馬券を買ってみようか」といった声も聞こえてくる。

 昨年の同レースは、200億円を超える馬券売上を記録した。わずか3分弱のレースにこれほどの大金が動くのは、世界的に見ても日本のみだ。プロ野球で日本一になったチームがもたらす経済効果に匹敵するような大金が一瞬で動くわけだから、世間の注目度がいかに高いかわかるだろう。

 これほどの関心を集めるジャパンカップは、普段馬券を買わない人たちも多く参加するため、オッズ(配当)が通常のレースよりも高くなる傾向がある。それは、初心者が身近なマスコミの予想に影響されて偏った馬券を購入してしまうことが主な原因だが、ベテラン馬券師によると特に今年は逆にチャンスなのだという。

「昨年は1番人気と5番人気の決着で、馬連は25.7倍となりました。通常のレースなら、この半分ぐらいの配当です。過去には1番人気と2番人気の決着で馬連10.2倍ということもありました。ジャパンカップは間違ったマスコミの情報に影響され、素人が無駄な馬券を買うレースなのです。

 しかし、そういった間違った情報に左右されず正確な情報に基づいて正しい買い方をすれば、これほど儲かるレースはありません。今年はその傾向にドンピシャはまるんです。マスコミも多くの競馬ファンも、この事実を知りません。“真実”を知る、我々を含めたごく一部の関係者だけが、大きな利益を得ることができるのです」

 こう語るのは、競馬界を代表する競馬関係者が集結した「競馬セブン」の担当者だ。創業20年の歴史を持つ彼らは、競馬の裏も表も知り尽くす唯一の存在といっていいかもしれない。

・元JRA騎手でJRA競馬学校の教官も務めた『徳吉一己』
・競馬記者暦40年以上の現役トラックマン『古川幸弘』
・名馬タマモクロスなどを手掛けた元JRA調教師『小原伊佐美』
・内田博幸騎手の身元請負人でもあった元JRA調教師『嶋田潤』
・元札幌馬主会理事で馬主情報を知り尽くす『斉藤隆』
・元社台スタリオン荻伏場長で社台グループ情報を完全把握する『林勲』

 彼らをはじめとして、既存のマスコミとはレベルが違う内部関係者が集結。さらに、全国の競馬施設を数百人規模の情報網でカバーしており、各メンバーから届く関係者情報は他の情報よりワンランク上だ。しかも、今年はさらなる大物関係者が数名加入して、情報力は大幅にパワーアップしているという。

 その「競馬セブン」は、このジャパンカップに対し、破格の自信を持っている。

「今年のジャパンカップはキタサンブラックとダービー馬・レイデオロが中心になりますが、実はこの2頭に割って入る“衝撃の激走穴馬”の勝負情報を独占入手しています。マスコミは人気の2頭に集中しており完全にノーマークです。はっきり言って、今年のジャパンカップは簡単には決まりません。

 もし馬券を買う予定であれば、この高配当決着のキーホースとなる穴馬の存在を知らずに買ってはいけません。競馬セブンが独占入手した好走必至の穴馬を確認してから、馬券を購入してください。そうでなければ、レース後に後悔することになるでしょう」

ダービー馬・レイデオロの取捨も重要なポイントだ

 このコメントから見ても、「競馬セブン」がいかにジャパンカップに対して力を入れているのか、そしてどれほどまでに手応えを感じているのかわかる。さらに同担当者は最後にこう語る。

「我々は会員の皆様に、1枚でも多くの馬券を的中させて、100円でも多く儲けていただきたいと強く思っております。そのためにできるのは、より正確な情報を入手し、配当妙味の高いレースで効果的に馬券を購入するアドバイスをすることです。もし馬券で迷っていたり、初めて馬券を買ってみたいと考えるのであれば、ぜひ競馬セブンの門を叩いてください。

 今回、競馬セブンでは、我々の実力を知っていただくために、この記事を読まれている方へ【ジャパンカップの馬連3点情報】を無料で公開します。そして仮にジャパンカップが不的中だった場合、年末の有馬記念まですべてのG1レース情報を無料でお届けします。このジャパンカップをきっかけに、皆様が馬券投資の真実を目の当たりにし、多くの的中馬券と払戻金を手にしていただくことを願っております」

 ほとんどのマスコミは、仕事として予想や記事を載せている。しかし、「競馬セブン」からは、「競馬を盛り上げよう」「競馬ファンに儲けてもらおう」という確固たる意志を感じる。その集大成が、この【ジャパンカップの馬連3点情報】といえよう。ジャパンカップで馬券を買うなら、彼らが言うように、この情報を必ずチェックしよう。

 ちなみに、「競馬セブン」は11月に入っても万馬券連発と絶好調だ。さらに、ジャパンカップの無料情報以外にも『ワケアリ推奨馬券』『社台系出走馬情報』『今週の目イチ馬主』『GI直前関係者情報』『レース傾向・狙い馬』といったコンテンツがあり、週末だけでなく平日でも楽しめる。本格的に競馬を始めたい人にも、ぜひオススメしたい。
(文=編集部)

無料公開CLICK → 【ジャパンカップの馬連3点情報】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

ジャパンカップ、注目すべき穴馬!マスコミは完全ノーマーク、2強に割って入るのは必至のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラックジャパンカップレイデオロ武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!