NEW

木村拓哉、飯島三智元マネを失い行き詰まり…ジャニーズ退所→元SMAPに合流は不可避か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CULEN HP」より

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演し、11月2~5日に放送されたインターネットテレビ番組『72時間ホンネテレビ』(AmebaTV)が総視聴数7400万を記録し、大きな話題となった。この番組をきっかけに、稲垣はブログ、草なぎはYouTube、香取はInstagramを始め、放送終了後も更新してファンとの交流を図っている。

「3人のSMAP時代のマネージャー、飯島三智さんがジャニーズ事務所時代にやりたかったけどできなかったことを実現していますよね。『72時間』の成功も、彼女の力によるところが大きい。大手事務所のタレントも番組に大勢参加したことで、3人の今後の芸能活動に支障はないとのアピールにもなった。元SMAPメンバーの森且行のレースを観に行くなどの企画自体も好評で、改めて飯島さんの手腕が注目を集めました」(テレビ局関係者)
 
 3人の番組が成功したことで、ジャニーズへの残留を早々から決めていた木村拓哉の存在がクローズアップされている。

「木村はジャニーズに残ったほうが芸能活動をスムーズに進められるという計算があったのでしょう。過去の独立例を見れば、その判断は妥当だったかもしれません。しかし、1つ大きな判断ミスがあったと思います。芸能人は、マネージャー次第で売れることもあれば、売れなくなることもある。マネージャーは単なる使いっ走りのような人もいれば、あらゆる企画を考えて実行できるブレーンになれる人もいる。SMAPが国民的スターになったのは、飯島さんという有能なマネージャーがいたからこそ。今の木村は、自分をもっとも生かす術を知っている参謀を失ってしまいました。

 今年1月期の連続テレビドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の視聴率は当初心配されていましたが、同クールの連ドラのなかでもっとも良い成績を残しました。それは、飯島さんが絡んだ最後の置き土産だったからでしょう。彼女は木村の生かし方を本当によく知っている。だから、木村の真価が問われるのは、次のドラマや映画です」(芸能事務所関係者)

 2018年公開予定の映画『検察側の罪人』で、木村はジャニーズの後輩である嵐の二宮和也と初めて共演する。

「今人気のある二宮と一緒にやれば、興行収入的に良い線をいくだろうという安易さを感じてしまいます。飯島さんなら、絶対に反対するキャスティング。この例からもわかるように、今の木村には有能なブレーンが付いているとは思えない。一刻も早く、飯島さんの元へ戻ったほうが身のためだと思います。いろんな事情があるので簡単にはいかないでしょうし、すぐには実現できないかもしれませんが、このままでは自分の価値がどんどん落ちていってしまう。早く動くべきです」

 木村と中居正広がジャニーズ事務所を退所し、飯島氏と合流してSMAP復活となる日はくるのか。
(文=編集部)

木村拓哉、飯島三智元マネを失い行き詰まり…ジャニーズ退所→元SMAPに合流は不可避かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャニーズ事務所木村拓哉香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!