NEW

ディーン・フジオカ、連ドラ大コケで日テレに出演拒否…篠原涼子もフジに絶縁宣告

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
篠原涼子

 ディーン・フジオカ篠原涼子、秋ドラマでそれぞれ主演を務める2人にある噂が持ち上がっている。

「2人の共通点は今、“低視聴率王”のレッテルを貼られてしまったということなんですよ。そんな2人が、それぞれフジテレビと日本テレビに“絶縁状”を叩きつけたという話があるんです」(テレビ局関係者)

 篠原が主演するフジテレビ“月9”ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?』は、11月13日に第4話が放送され、現在までの平均視聴率7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)であることがわかった。この数字は、月9としては歴代視聴率ランキングで、今年1月期に放送された『突然ですが、明日結婚します』の6.7%(全話平均)に次ぎ、ワースト2(第4話まで平均)の数字だ。

 また、ディーンが主演する『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)に至っては、11月12日に放送された第4話までの平均視聴率が6.5%と、『民衆の敵』をも下回る数字に苦しんでいる。

「篠原さんは代表作のひとつになっている『アンフェア』(フジ系)の恩もあり、今回の月9への出演も承諾したそうです。なんとか盛り返そうと、夫である市村正親さんを出演させ、ドラマ業界のタブーである“夫婦共演”まで提案してくれていたといいます。ところが、低視聴率に慣れきってしまっているフジのあまりの無為無策ぶりには、さすがの篠原さんも呆れて夫婦共演はなし、『もうフジのドラマには出ない』と言っているようです。

 一方のディーンさんについては、9日からYouTube日テレ公式チャンネルで『ディーン・フジオカがダジャレ連発?!編』を公開して話題になるなど、必死に策を打ってはいるものの、ドラマの打ち切りは決定しているようです。その上、ダブル主演の武井咲さんのつわりがあまりにひどく、お腹の大きさももう隠せないようになってきているみたいで、降板説が出る始末。ディーンさんの所属事務所であるアミューズもお怒りのようです」(同)

 そんななか、さらに厳しい状況に陥っているのが、NHK大河『花燃ゆ』以来、約1年10カ月ぶりに連ドラ主演している井上真央だ。井上が主演する『明日の約束』(フジ系)の第5話が14日に放送され、その平均視聴率が5.1%。他局では“打ち切り確定のボーダーライン”となる4%が目前に迫っている。

「井上さんは、嵐の松本潤さんと結婚するために、周囲の反対を押し切って前所属事務所であるセブンスアヴェニューを辞めたのです。ジャニーズから松本さんとの結婚の条件として突きつけられたのは、『一般人になること』だったといわれています。しかし、結局松本さんの二股疑惑が原因で、2人は破局してしまった。現在は岸部一徳さんの事務所に所属しているのですが、ドラマに出演するにあたって不義理をした前事務所と話をつけるなど、今回の復帰にはかなり力を入れていたようなのですが、結果として大コケしてしまいました」(芸能界関係者)

 篠原、ディーン、井上と、“低視聴率”ドラマに苦戦する人気俳優たち。いよいよ秋クールも折り返し地点だが、後半戦の勝敗はいかに。
(文=編集部)

ディーン・フジオカ、連ドラ大コケで日テレに出演拒否…篠原涼子もフジに絶縁宣告のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ディーン・フジオカ武井咲篠原涼子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!