NEW

ジャパンカップに衝撃情報!キタサンブラックとレイデオロの2強を崩す「穴馬」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンカップに衝撃の穴馬情報が…

 今年も残り1カ月少々となったが、藤田菜七子のJRA女性騎手年間最多勝の更新、落馬で復帰絶望ともいわれた三浦皇成の復帰、藤田伸二元騎手の地方騎手受験と不合格、ミルコ・デムーロやクリストフ・ルメールといった外国人ジョッキーの大活躍、そしてワイドショーを盛り上げた武豊の不倫騒動など、今年も競馬界はさまざまな話題があった。

 もちろん、肝心のレースも盛り上がっており、マイルチャンピオンシップまでに行われたJRAのG1レースでも、19レース中11レースが前年より馬券の売り上げを増やしており、株価や仮想通貨の勢いに負けず競馬人気の上昇を感じる。

 今週末に行われる第37回ジャパンカップから12月28日に行われるホープフルステークスまで、JRAのG1レースは残り6レース。そのなかには日本中が注目する有馬記念もあり、競馬はますます盛り上がっていくだろう。

 他方、ここまで馬券成績がふるわなかったというファンも少なくないはずだ。この秋は週末に集中した台風の影響で難解なレースが続き、5レースの勝ち馬を予想するWIN5でも1億円を超える配当が飛び出すなど、波乱続出だった。この秋の負け分、さらには1年のマイナスを、残り6週間で取り戻したいというのは競馬ファンとして当然の考え。そして馬券で負けたのなら馬券で取り返すのが男の道だ。

「JRAに預けた馬券代を何倍にも増やして取り返したい」

 それぐらいの気概があって、初めて馬券の勝ち組になれるのである。

 しかし、今までやってきた予想法で勝てなかったのに、それを継続して急に勝てるようになるはずがない。ここは思いっきり発想の転換をして、新たな戦略を試すのがベストの選択だ。

「馬券の勝ち組」を目指すすべての競馬ファンにとって、大事なのは結果であって過程ではないだろう。どんな手法であっても、結果的に的中と利益を上げたいのではないか。そこでオススメしたいのが、「競馬界最強のメンバーが集い、競馬界最高の情報が集まる」と多くの競馬関係者が太鼓判を押す、創業20年の老舗競馬情報会社「競馬セブン」だ。

 この「競馬セブン」は、所属する競馬関係者のレベルが非常に高い。たとえば、元JRA騎手で、JRA競馬学校の教官も務めた『徳吉一己』は、池添謙一など現役騎手を育てた鬼教官として知られるだけでなく、今も現役騎手のアドバイザー的存在だ。このように現役騎手から頼られる存在は、マスコミではまずいないだろう。

 競馬記者暦40年以上の現役トラックマン『古川幸弘』は、競馬専門紙「勝馬」の看板トラックマンとして活動してきた。美浦トレーニングセンターの地獄耳と呼ばれ、多くの競馬関係者と家族同然の付き合いがある。そこで得られる「ここだけの話」は、一般のスポーツ紙には掲載されない爆弾情報だ。

 関西の元JRA調教師の『小原伊佐美』は、名馬・タマモクロスを筆頭に、ロンシャンボーイ、ルーブルアクトなどの重賞勝ち馬を管理し、1988年にはJRA賞最多賞金獲得調教師を受賞したほどの名伯楽。親族は今もトレセンで活躍している。

 関東の元JRA調教師『嶋田潤』は、騎手として重賞5勝をあげたほか、調教師としても重賞を勝利し、その人柄から地方競馬からJRAへ移籍した内田博幸騎手の身元請負人でもあった。この2人の調教師が東西の厩舎情報網を管理しており、万全の態勢といえるだろう。

 さらに元札幌馬主会理事、元軽種馬協会の理事も務めた『斉藤隆』は、馬主と生産者の思惑やその事情を知り尽くす馬主・生産者情報のプロフェッショナル。

 そして『林勲』は、社台グループの元社台スタリオン荻伏場長を務め、社台グループ情報だけでなく馬産地情報も把握する生産者情報のプロフェッショナル。

 これだけの大物関係者に加え、全国の競馬施設を数百人規模の情報網で、現代競馬のカギを握る「トレセン・馬主・馬産地」の三大ネットワークからの最重要情報を完全に網羅している。これに対し一般的なマスコミは、せいぜいトレセンで取材するのみで、ほかの2つのネットワークはまったくカバーできていない。つまり、既存のマスコミや競馬記者たちは情報がまったく足りていない状態で印をつけているのだ。

 もし、これまで競馬で勝てなかった人たちがスポーツ紙や競馬専門紙を利用していたのであれば、その敗因は明白だ。既存のマスコミや競馬専門紙には限界がある。それを知らずに利用していれば、負けて当然といえる。

 しかし「競馬セブン」は違う。もとより、マスコミではカバーできない競馬情報の把握を念頭に置き、最適な人材を配置して、そのための情報収集態勢を構築。その結果、既存のマスコミとは比較にならないほど高い的中率と理想的な回収率を計上することに成功した。

「競馬セブン」の会員掲示板を見ると、衝撃的な画像がそこに並んでいる。20万円、30万円といった高額な払戻金を手にした人や、40万円を獲得した人など、会員の歓喜がそこから伝わってくる。彼らは競馬セブンを通じて「競馬の勝ち組」になったのだ。

波乱の大阪杯もズバリ的中!

 多くの方がこの話に懐疑的な思いを抱くだろう。だが、「競馬セブン」の情報力を証明する場が今週末にある。競馬セブンの担当者は、ジャパンカップの“裏情報”について次のように語る。

「今年のジャパンカップは、キタサンブラックとレイデオロが中心となっていますが、この2頭に割って入る“衝撃の激走穴馬”がいます。我々は独自の情報網からこの勝負情報を独占入手しておりますが、この取材対象をカバーできていないマスコミがこの情報を知ることはできません。マスコミが言うように簡単には決まらないでしょう。この穴馬を知らずに馬券を買うのは、大事な資金をドブに捨てるようなものです。

 競馬セブンでは、我々の実力と情報を知っていただくために、この記事を読まれている方へ【ジャパンカップの馬連3点情報】を無料で公開します。そして仮にジャパンカップが不的中だった場合、年末の有馬記念まですべてのG1レース情報を無料でお届けします。本物の情報とは何か、マスコミの情報とは何が違うのか、そしてジャパンカップに向けての結論は何か。そのすべてを包み隠すことなく公開しますので、ぜひこの無料情報をご利用ください」

 完全無料の情報を受け取ることはノーリスクで、プラスにこそなれマイナスにはならない。その情報の価値は、受け取ってから判断すればいい。ジャパンカップまではあとわずかだ。今すぐ無料登録を済ませ、この情報を得る権利を取得してほしい。
(文=編集部)

CLICK → 無料公開「ジャパンカップの馬連3点情報」競馬セブン

※本稿はPR記事です。

ジャパンカップに衝撃情報!キタサンブラックとレイデオロの2強を崩す「穴馬」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャパンカップ武豊藤田菜七子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!