NEW

『民衆の敵』、軽薄すぎる主人公に現実世界でも非難轟々…篠原涼子、月9ワースト女優か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
篠原涼子

 篠原涼子が主演を務める連続テレビドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』(フジテレビ系)の第5話が11月20日放送され、平均視聴率6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。ついに6%台にまで低迷してしまった同作品。このままいけばフジ月9の歴代最低視聴率を更新する恐れもあり、篠原は“月9ワースト女優”というレッテルを貼られてしまう可能性大だ。

 なんの政治の知識もないまま、市議会議員の給料目当てに選挙に出馬して当選までしてしまった佐藤智子(篠原涼子)。そんな彼女に政治内部の常識が通用するはずもなく、言いたい放題やりたい放題でこれまで問題を巻き起こしながらも、なんとか改革を推し進めてきた。

 だが第5話では、智子の議員としては軽率なツイートが思わぬ展開を招くことに。元はといえば、智子にかかってきた1本の電話。「手紙は読んでもらえたか?」というもので、かばんのなかを見れば「市議会に汚職議員がいる」という告発文が入っていたのだ。

 これをきっかけに、新人議員の小出未亜(前田敦子)や 園田龍太郎(斎藤司)、岡本遼(千葉雄大)そして藤堂誠(高橋一生)らと汚職の真相を探ることになるのだが、突き詰めていくうちに市長・河原田晶子(余貴美子)が関与している疑いが出てきた。すると智子はこのことをすぐにツイッターに投稿。しかし市長派の岡本に「まだ確証もないのにツイートするべきではない」と言われ、問題の投稿はすぐに削除。だが時すでに遅しで、たった数分の間に智子のツイートは拡散され、マスコミが押し寄せるほどの騒動に発展してしまう。

 その結果、実は汚職問題に関与していた市長秘書の望月守(細田善彦)が、すべての責任をかぶるかたちで自殺してしまったのだ。しかし、市長は望月の死をもろともせず、断固として自分の潔白を譲らない姿勢をみせた。そして、民意を問うために一度辞職し、再び選挙をすることを明言。これに、犬崎派の議員たちは盛り上がりをみせるのだが、望月の死を軽く扱う彼らに対し智子は怒りをぶちまけるのだった。

『民衆の敵』、軽薄すぎる主人公に現実世界でも非難轟々…篠原涼子、月9ワースト女優かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?篠原涼子高橋一生の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!