NEW

武豊惜敗のジャパンカップでも100万円獲得の猛者出現!阪神JFでも大金獲得と豪語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンカップで馬連・3連単的中137万2400円の払い戻し!

 11月26日に東京競馬場で行われた第37回ジャパンカップは、多くの企業で給料日直後ということもあり、大勝負をかけた人も多かったようだ。一番人気は、昨年の優勝馬であるキタサンブラック。

 騎手はトップジョッキーの武豊で、各スポーツ紙を見渡しても、ズラリと本命の印が並ぶ。前走の天皇賞(秋)にも快勝しており、負ける要素は見当たらない。しかしレースは、まさかの結果に終わった。

 そんな波乱のジャパンカップを的中させて123万円の払戻金を手にし、歓喜に震える人物がいた――。

 競馬における馬券は、非常にシンプルである。1着と2着と3着になる馬しか馬券の対象にならず、その組み合わせを的中させればいい。しかし、最大18頭の中から上位3頭を選ぶのは決して易しくはない。状態や適性、血統や騎手との相性などさまざまな要素があり、予想法は人それぞれだ。

 このジャパンカップはキタサンブラックが断然の1番人気だった。馬主は演歌歌手の北島三郎、そして騎手は武豊とあって、マスコミの報道も過熱し、過剰な人気になってしまった感は否めない。これはある意味、マスコミがつくり出した人気だ。結果として、多くの競馬ファンはマスコミの過剰な報道に惑わされ、こぞってキタサンブラックの馬券を購入し、あえなく撃沈した。

 前出のジャパンカップを的中させた人物は、競馬新聞やスポーツ紙といった一般的な競馬マスコミは一切利用しないという。

「最初はスポーツ紙とかも普通に使っていたけど、当たっても安い配当ばかり。しかも予想の購入点数が多くて無駄な投資金が多い。これならアマチュアと何も変わらない。あるスポーツ紙は馬連8点とか載せていたけど、プロなら1点とか3点とかに絞らないと話にならない

 それも当然だろう。一般的なスポーツ紙は数十人の予想家がいて、それぞれ別のパターンの予想を載せている。それで誰かが当たればそのスポーツ紙が当たったと宣伝しているのだ。それだけ多くの予想家がいるならだれかひとりぐらい当たるのは当然。それに気づいていない競馬ファンも少なくない。

 では、競馬ファンにとっては、どういった予想方法、あるいは予想媒体がベストなのだろうか。

競馬は馬主の慈善事業ではない

 先ほども説明したように、予想法自体は無限にあるといっていい。しかし、そのほとんどは主観的なものが多く、競馬の本質を突いていない。

 競馬は慈善事業ではなく、馬主が数千万円から数億円もする競走馬に投資し、大きな見返りを得ようとするものだ。数億円の馬を持つ馬主は厩舎関係者たちと話し合い、いかにしてレースに勝ち、そして賞金を稼ぐかということを大前提にしている。結果が出なければ数億円の投資が無駄になるわけで、競馬は馬主にとって「ビジネス」と言わざるを得ない。

 以前は「競馬は馬主の道楽」という言葉もあったが、今や個人事業のように競走馬を管理する馬主も増えている。たとえば、ディープインパクトの金子真人氏は競馬のために「金子真人ホールディングス」を立ち上げ、サトノダイヤモンドの里見治氏も「サトミホースカンパニー」を設立したほど。そういった状況から見ても、競馬において馬主の権限は絶対的なものであり、その存在意義は普遍的なものといえよう。

馬主にとって競馬はビジネスだ

 前出の人物は、「馬主情報」こそが競馬予想において最強のツールだと豪語している。

「ジャパンカップはマスコミがキタサンブラックばかり追いかけていたから、勝ったシュヴァルグランとレイデオロの組み合わせは17.7倍の配当になった。自分は馬主ではないけど、あるところを利用して馬主情報を入手している。その指示通りにジャパンカップで馬連1点を7万円分購入した。結果は、123万9000円の払い戻し。これがすべてを物語っていると思うよ」

 確かにこれはすごい成果だ。一般的にスポーツ紙では馬連1点の予想を公開できない。それは、「1点に絞り込むことができず、的中させる自信がないから」だ。それは既存のマスコミや一般的な予想法の限界を意味しているともいえるだろう。

 その馬主情報について追及すると、最初は固く口を閉ざしていたが、最後は折れて教えてくれた。それは馬主情報を専門に扱う「トップシークレット」だ。実はこのトップシークレットは「現役の馬主も利用する本物の馬主情報を提供している」と以前から噂になっていた。というのも、同サイトを見ればわかるが、どこにも公開されていないような馬主の裏話が数多く載っているからだ。

 詳細は不明だが、あれだけの情報は他のサイトやマスコミでは見当たらずトップシークレットが独自に入手しているもの。実際にジャパンカップにおいても勝ったシュヴァルグランについて、こう記載していた。

「条件的には何もかもが昨年以上。今年の最大目標だったレースに向けて最高の舞台が整った。急に決まったボウマンへの乗り替わりも大人の事情が絡んでのもの。直前の稽古に乗って感触も確かめて貰ったので不安はない」

 このような勝負情報を入手しており、ミルコ・デムーロから乗り替わりとなったことで評価を下げたマスコミとは対照的な情報だった。

 トップシークレットによると、馬主には「ココが勝負」と見極めた際に、数百万円から数千万円単位で馬券を購入する「馬主の大口勝負」があるという。ジャパンカップも同様の勝負レースだったようで、多くの馬主が破格の払戻金を手にしたようだ。そしてその情報をそのまま競馬ファンにも公開し、それを利用した競馬ファンのなかには100万円を超える払い戻しを手にした人もいる。

今週末の阪神ジュベナイルフィリーズは注目の一戦

 なんとも羨ましい話だが、聞くところによると、今週末に行われる第69回阪神ジュベナイルフィリーズは、ジャパンカップ同様に「馬主の大口勝負」があり、ジャパンカップで100万円を獲得した人物が「馬連1点で100万円を獲る」と話しているという。しかも、今週中にトップシークレットに無料登録を済ませば、この「阪神ジュベナイルフィリーズ馬連1点勝負馬券」を無料で提供してくれるというのだ。

 指示された買い目(馬の組み合わせ)を購入するだけで100万円を獲得できるのであれば、まさに夢のような世界。スポーツ紙を参考に、ちまちま馬券を買っているだけでは絶対に到達できないミリオン(100万円)の極致、まさに冬の特別ボーナスにふさわしいビッグプレゼントだといえよう。なお、申込者が多すぎた場合には、受付の早期締切も考えられるので、早めに登録を済ませておくことをお勧めしたい。
(文=編集部)

CLICK → 「阪神ジュベナイルフィリーズ馬連1点勝負馬券」無料公開

※本稿はPR記事です。

武豊惜敗のジャパンカップでも100万円獲得の猛者出現!阪神JFでも大金獲得と豪語のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャパンカップミルコ・デムーロ武豊阪神ジュベナイルフィリーズの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!