NEW

「不名誉な横綱」日馬富士、悪すぎた成績の数々

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
引退会見を行う日馬富士(写真:日刊現代/アフロ)
 相撲界を揺るがす暴行問題の責任を取るかたちで、横綱・日馬富士が引退を発表した。モンゴルの後輩である貴ノ岩に対する“過剰な愛のムチ”に対するけじめとはいえ、突然の引退に相撲ファンからは同情の声もあがっている。


 元旭鷲山はテレビの取材に「最低、あと5回は優勝できるはずだった」と語っていたが、昨今の日馬富士の成績や相撲内容を見る限り、「あと5回の優勝」など、到底無理に思えてならない。そればかりか、引退のカウントダウンはすでに始まっていたともいえるのだ。

ワースト2位の金星配給数、今年は自己最多記録


 今年9月場所。白鵬、稀勢の里、鶴竜と3横綱が不在のなかで、“一人横綱”の重責を背負った日馬富士は優勝を果たした。大関・豪栄道を本割と決定戦で破る見事な逆転優勝だったが、これは「1場所15日制以降、初めてとなる4敗横綱の優勝」でもあった。

 しかも、4敗はすべて平幕力士に負けてのもの。「1場所で金星を4つ配給しての優勝」という史上初の珍事であり、休場した3横綱が万全であれば、優勝はおろか2ケタ勝利すら危うかったはずだ。

 同じく“一人横綱”だった11月場所の白鵬が14勝1敗という成績を収めたことと比べても、「横綱としての力量」がはるかに劣っていることがわかる。ただ、優勝40回という前人未到の大記録を成し遂げた白鵬と比べるのは酷ではあるが……。

 そもそも、日馬富士はよく金星を配給する横綱であった。歴代横綱の金星配給数ワースト5を見ると、以下のようになっている。

1位 北の湖…53個(63場所)/1場所平均0.84個
2位 日馬富士…40個(31場所)/1場所平均1.29個
3位 輪島…39個(47場所)/1場所平均0.83個
3位 貴乃花…39個(49場所)/1場所平均0.80個
5位 柏戸…35個(47場所)/1場所平均0.74個
5位 曙…35個(48場所)/1場所平均0.73個
※参考 白鵬…16個(63場所)/1場所平均0.25個

 歴代2位の金星配給数に加え、1場所あたりの金星配給数は上記6横綱のなかでもダントツだ。しかも、上記6横綱のうち日馬富士を除く5人全員が40場所以上を務めており、「長きにわたって綱を張った勲章」ともいえるが、日馬富士の在位数は5人に比べて格段に少なく、“横綱として不名誉”な記録の持ち主といえる。

 ちなみに、部屋別総当たり制となった昭和40年以降の歴代横綱26人のうち、1場所あたりの金星配給数では栃ノ海(1.94個)、稀勢の里(1.8個)、若乃花(3代目、1.64個)、琴櫻(1.5個)、旭富士(伊勢ケ浜親方、1.33個)に次ぐ6位となっている。

 しかも、日馬富士の金星配給数を年度別で見ると、次の通りだ。

平成24年…1個(11月場所での昇進につき、横綱在位1場所のみ)
平成25年…8個
平成26年…6個
平成27年…8個
平成28年…6個
平成29年…11個

 今年に入って配給数がグンと伸びており、日馬富士の“力量の衰え”を見ることができる。

「不名誉な横綱」日馬富士、悪すぎた成績の数々のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、日馬富士横綱白鵬相撲の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!