NEW

不倫のマギーが突然「消えた」理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 昨年ブレイクしたタレントでモデルのマギーが、すっかり勢いを失っている。

 今年1月、ロックバンド「ORANGE RANGE」のYAMATOと交際していると報じられていたマギーは、既婚者で2人の子どもを持つロックバンド「Hi-STANDARD」のボーカル・横山健との不倫を週刊誌「フライデー」(講談社)に報じられた。その1年前のベッキーに始まり、著名人の不倫が相次ぎ、仕事にも多大な影響が及ぶほど世間の目も厳しくなっているなかでのマギーの不倫スキャンダルは、もっと叩かれてもおかしくないはずだったが、批判の声は広まらなかった。今ではインターネット上で「なぜ消えてしまったのだろう?」とその理由を知らず疑問に思っている人もいるほどだ。テレビ局関係者が語る。

「マギーの所属事務所、レプロエンタテインメントは有力事務所バーニングプロダクション傘下ですが、バーニングから各メディアに対して、マギーの不倫に触れないようにお達しがありました。そして、マギーからのコメントは一切なく、騒動が沈静化するまでとにかく目立った活動をしないという姿勢を貫いているのです。髪を切ったり、明るかった色をダークにしたりして、見た目もすっかり地味に変えました。それ以降、たまに出演するイベント出演でも、囲み取材を行うこともなくなりました。ほとぼりが冷めるはいつだとみなしているのでしょうかね」

 マギーは昨年、イベントのゲストにも引っ張りだこの売れっ子で、「演技にも挑戦したい」と意欲的に話していたが、今年は下半期に入ってイベント出演は数本ほど。仕事は徐々に巻き返してきているようだ。週刊誌記者は語る。

「11月28日にも中国の通信機器メーカーのイベントにゲスト出演したが、同じ事務所のフリーアナウンサー青木裕子と一緒で、イベント後の囲み取材に応じたのは青木のみでした。フライデーされてから10カ月以上が経つというのに、これでは“逃げている”と思われても仕方がない。ベッキーの例もあり、スキャンダルは早めの対応が大事という考え方が芸能界に広がっているなか、いつまで逃げ続けるだろうか」

 このままでは、いつまで経っても昨年の勢いを取り戻すことはできない。
(文=編集部)

不倫のマギーが突然「消えた」理由のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、Hi-STANDARDバーニングプロダクションマギーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!