NEW

40歳を迎え、好きな対象とセックスが結びつかない「処女の心境」に陥った/ペヤンヌマキ「男女逆転版・痴人の愛」インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

40歳を迎え、好きな対象とセックスが結びつかない「処女の心境」に陥った/ペヤンヌマキ「男女逆転版・痴人の愛」インタビューの画像1
ペヤンヌマキさんに、聞く!

人生をどのように歩んでいけばいいのか。かつては40歳の「不惑」を境に惑いがなくなるといわれていましたが、現代を生きる女性にとっては、社会構造や恋愛観の変化、そして出産可能なリミットなど、むしろ迷うことが多くなる年代です。

女性の愚かしくも愛おしい “ブス”な内面や日常を、鋭い観察眼と緻密な構成で描く演劇ユニット「ブス会*」は、谷崎潤一郎の「痴人の愛」を翻案し40代の女性が若い青年へ向ける複雑な愛情を描いた「男女逆転版・痴人の愛」を、12月8日から上演予定。

40歳を迎え、好きな対象とセックスが結びつかない「処女の心境」に陥った/ペヤンヌマキ「男女逆転版・痴人の愛」インタビューのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!