NEW

復活の伝説的ディスコ「マハラジャ」がスゴいことになっていた…バブル、完全再現

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マハラジャ祇園

 バブル期に全国展開し、社会現象を巻き起こしたディスコチェーン『MAHARAJA』(以下、マハラジャ)。バブル崩壊後は閉店が相次いだものの、2010年代に突入してからは運営会社を変え、六本木、大阪、名古屋と、各地で再オープンを遂げている。

 そして今年9月13日には、当時の旗艦店だった祇園店(京都市東山区)が、かつてと同じ場所で約20年ぶりに復活。舞妓、忍者、花魁など、京都という地域色を意識した演出を取り入れ、バブル世代のオトナのみならず、外国人観光客の来店も見込んでいるとのことだ。

 20代男性である筆者はバブルが弾けたあとに生まれてきた平成世代なのだが、マハラジャ祇園復活のニュースを小耳に挟み、その世界を無性に体験してみたくなった。ライヴハウスには人並みに通っていても、ディスコやクラブといった類の店には、一度も足を踏み入れたことがなかったからである。以前から“パリピ”の溜まり場という印象が拭えず、どうにも近寄りがたかったのだ。

 そこで今回、東京から関西旅行に来ていた大学時代の先輩2人組に付き添ってもらい、思い切ってマハラジャ祇園に潜入してみることにした。

祇園の地下空間によみがえる、見事なバブルの世界


 マハラジャ祇園の最寄り駅は、京阪本線の祇園四条駅。駅の出口付近にはガールズバーなどの客引きが一定の間隔で立っていたが、新宿・歌舞伎町に比べれば勧誘の押しは弱く、安心してしまう。四条通のアーケードを5分ほど歩いて左折すると、すんなり店の前に到着。ハロウィンが近いこともあり、カボチャが縦に3つ並んだバルーンがまばゆい光を放っている。

 早速入場といきたいところだが、前もって予習していた公式サイトには、入場の際に写真付き身分証によるIDチェックが行われること、さらにドレスコードがあること(男女ともスマートフォーマルだが女性はドレス、着物、浴衣も可)が記載されていたため、身構える筆者。

 身分証はともかく、自分の服装がドレスコードをクリアしているかどうかは自信がない。普段、ライターとして取材に行くときよりもう一段階かしこまったファッションを選んだつもりなのだが、門前払いされはしないか。先輩Nに至っては、襟付きジャケットの下にThe Vamps(イギリス出身のバンド)のTシャツをのぞかせている。これもスマートフォーマル扱いになるのだろうか。

復活の伝説的ディスコ「マハラジャ」がスゴいことになっていた…バブル、完全再現のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、クラブディスコチェーンマハラジャ祇園の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!