NEW

「香害」が深刻化…芳香剤の健康被害続出、発がん性の指摘も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

「香害」が大きな社会問題になっていますが、筆者もそれを体験してしまいました。

 11月下旬、早めの忘年会がありました。久しぶりに友人たちと飲んで、ついつい深酒をして終バスに乗り遅れてしまいました。やむなく駅前からタクシーのお世話になりました。自宅まで10分くらいの距離ですが、本当に参りました。車内に充満する消臭芳香剤のニオイがハンパじゃなかったのです。乗車してすぐに窓を開けたのですが、頭がクラクラするほどの息苦しさは、家に着いてからもしばらく続きました。妻は「飲み過ぎよ」と言いましたが、決してそんなことはなく、タクシーの芳香剤のせいだと私は確信しています。

 昨夏、日本交通タクシーはプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)と連携して、エアコンの送風口にセットした芳香剤が、車内のニオイの原因となる食べ物や体臭などを消臭するという「ファブタク」を1カ月限定で走らせました。

 日本交通タクシーに問い合わせると、「現在、ファブタクは行っておりません」とのことですが、この「ファブタク」以来、芳香剤を車内に充満させたタクシーは、全国でますます増えているようです。ニオイに敏感な人にとって、芳香剤が車内に充満したタクシーはガス室に閉じ込められたようなものです。タクシー会社並びに運転手の皆様にお願いします。顧客サービスの一環でしょうが、芳香剤のタクシーへの使用はやめてください。

 芳香剤などの健康への悪影響は、もちろんタクシーだけにとどまりません。洗剤、柔軟剤、消臭スプレー、シャンプー、リンス、化粧品……私たちの身の回りは、香り付き商品が氾濫しています。各地の消費者センターには、ニオイによる健康被害を訴える声が相次いでいます。

 ほんの一例を挙げてみます。

「柔軟仕上げ剤を使用して室内に干したところ、ニオイがきつく、妻と2人とも咳が出るようになった。柔軟剤を使ったタオルで顔を拭くと、咳が止まらない。メーカーに連絡すると、医師の診断を受けるように言われ、受診したが原因不明とされ、複数の薬を処方された」
「最寄り駅で駅員が使用している香料に暴露して具合が悪くなった」

 ニオイへの被害情報が急増したのは、2012年にP&Gが衣服への香り付け専用製品「レノアハピネス アロマジェル」を発売したのが契機です。その後、芳香剤の大キャンペーンを展開し、花王やライオンなどもこれを追随、日本中に芳香剤のニオイが充満したのです。日本人の清潔志向・消臭志向を煽ったこの“香りビジネス”は、今も続いています。しかし、この香りビジネスは確実に日本人の健康を蝕んでいます。

「香害」が深刻化…芳香剤の健康被害続出、発がん性の指摘ものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ファブタク発がん性香りビジネス香害の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!