NEW

中学受験、間違いだらけの保護者…私立凋落の現実、上位校=難関大学有利の罠

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 例年、1月中旬に大学入試センター試験が実施されることから、年明けからが受験シーズンとのイメージはある。だが、実際には受験の季節はもう始まっている。私立中学の入試は、年末から行われているのだ。中学受験は大学や高校に先駆けて、早や本番に突入していることになる。

 中学受験が当事者の児童ばかりではなく、保護者にも心身の大きな負荷になるのは、親子ともに初めての受験になるケースが多いからだろう。実際に、子供に中学受験をさせた経験のある保護者は「気がかりで、正月気分ではなかった」とも言う。当事者はもちろん、周辺の苦労がしのばれるところだ。

 そこで、関連する書籍を記した際に、学習塾講師や進学校の元教師など教育関係者、さらには保護者の方々から得た話に基づいて、受験への心構えや学校選びに際して活用できる、あるいは幾分かでも心が軽くなる、5つのポイントを記してみたい。

1.現在の進学力をしっかりと把握する


 ほとんどの中学受験生と保護者が望むのは、そこを足掛かりに難関大学や有名大学に進学することだろう。ただ進学校の序列は年代によって変化しているので、現状を正確に把握することが必要になる。

 たとえば首都圏の最近の趨勢としては、名門都立校の復活と公立中高一貫校の台頭、これに蚕食された私立進学校の凋落があげられる。特に現在の保護者は私立進学校の全盛時代に育ったためか「昔の名前、実績をそのまま思い描いている傾向がある」(学習塾講師)ので、注意したいところだ。

2.進学者数だけではなく、進学率にも気を配る


 自称、他称を含めて進学校の最大の売り物は、難関大学の合格実績だ。ホームページはもとより広告でも、合格者数を大々的に謳っているところは多い。なるほど数は事実であるとしても、もうひとつ重要であるのは母体になる学生数の多寡だろう。特に国公立校と比較して、運営上の制約の少ない私立校の場合、1学年で数百人以上と、他校の倍以上の学生を抱える大規模校もある。このようなマンモス校の合格率を調べてみると、学生数が半分以下の公立進学校や、小規模の私立進学校に及ばないケースはある。

中学受験、間違いだらけの保護者…私立凋落の現実、上位校=難関大学有利の罠のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、中学受験大学入試センター試験進学塾講師の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事