NEW

幸せそうな妊婦のイメージは想像図 「楽しくない」し不安で憂鬱なマタニティライフの実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

幸せそうな妊婦のイメージは想像図 「楽しくない」し不安で憂鬱なマタニティライフの実際の画像1
Photo by Vanessa Porter from Flickr

 第一子の出産を間近に控えているSEKAI NO OWARIのsaoriこと藤崎彩織さん(31)が、『文學界2017年12月号』(文藝春秋)でのコラム連載「読書間奏文」(文春オンラインでも読める)で、マタニティライフについて綴っている。妊娠してからというもの「マタニティライフを楽しんでね」と頻繁に声をかけられるようになったというsaoriさんだが、その楽しみ方がわからず、幸せよりも不安や憂鬱のほうが上回るという。かつて妊娠中に同様の気持ちを抱いていた私は共感を覚えた。

『マタニティライフは、はっきり言って楽しくない。』
『どうしたらマタニティライフを楽しめるのかはまったく分からなかった。』
『妊娠生活はあっという間なんかではないのだ。妊婦にとって、流産や早産の不安を抱えながら過ごす一日は、本当に長い。そんな時間の一体どこを楽しんだら良いというのだろう?』
『体調を崩し、不安を抱えながら過ごす日々は、とてつもなく長い。この期間無しに子供が生まれてきてくれるならどんなに良いだろうと、正直なところ今でも思ってしまう。』

 そう、そうなのだ。マタニティライフは楽しくなんかないのだ。ふかふかのソファに座り、大きくなってゆくお腹をさすり、編み物などしてベビー用品をそろえ、優しい夫と温かいお茶を飲む“幸せ”そうな妊婦の光景。それはイメージでしかないのに、なぜかあまりに強烈だ。

幸せそうな妊婦のイメージは想像図 「楽しくない」し不安で憂鬱なマタニティライフの実際のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事