NEW

タンポン、不遇の歴史(戦前編)「女の神聖なところに男以外の物を入れるとは何事ぞ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

タンポン、不遇の歴史(戦前編)「女の神聖なところに男以外の物を入れるとは何事ぞ」の画像1
生理幻想

 1961年に発売された使い捨てナプキンは、女性たちの絶大な支持のもと急速に広まり、60年近く経った今も日本の生理用品市場の主流を占めている(月経を「生理」と呼ぶのはNG!?  アンネナプキンの登場によって劇的に変わった月経観)。

 これに対してタンポンは、つねに逆風に晒されてきた。2017年12月現在、日本でタンポンを製造販売しているのはユニ・チャーム一社である。

 今回(戦前編)と次回(戦後編)は、「タンポンの不遇の歴史」を紹介したい。

 「ナプキン」という言葉が生理用品に使われるようになったのは、1960年代のことだが、ドイツ語で「綿球」「止血栓」を意味する「タンポン」という言葉は、それよりも前に、西洋医学とともに日本へ入ってきた。

 とはいえそれは用語の話であり、女性たちは太古の昔から手近なモノ(時代によって様々)をナプキンのように当てたり、タンポンのように詰めたりしながら経血を処置してきた。

 日本で経血処置の方法について云々されるようになるのは、明治時代以降である。

タンポン、不遇の歴史(戦前編)「女の神聖なところに男以外の物を入れるとは何事ぞ」のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!