NEW

登山やスキー場で遭難、救助費用300万円請求も…事前の保険や補償制度活用は必須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 上越・北陸の山々では、10月の終わり頃には早くも初冠雪が記録された。もうすぐ、本格的な雪山シーズンが到来する。しかし同時に、毎年目にするのが、雪山での遭難事故のニュースだ。テレビ画面には、出動する捜索ヘリや、山に分け入る捜索隊の様子が映し出される。人命が第一であることはいうまでもないが、同時に話題になるのが、捜索の「費用」である。

 ここ数年で目立ったのが、スキー場のコース外で発生するバックカントリースキーヤーの遭難事故だろう。愛好者の増加とともに、経験の浅いスキーヤーたちの道迷いや遭難が後を絶たず、各自治体では、遭難捜索費用を制定する動きが広がっているという。実際、遭難捜索費用はいくらくらいかかるのだろうか。

 たとえば、妙高杉ノ原、池の平温泉、赤倉観光リゾート、赤倉温泉を中心に大型スキー場が集まる新潟県妙高市では、市内のスキー場、上越森林管理署、妙高市自然管理事務所や有識者たちによって「妙高市スキー場協議会」が組織され、一定の遭難捜索費用を制定しているという。

「しかし、エリアや立地条件により、制定された費用に加えて独自の費用を設けるスキー場が増えています」(妙高市役所観光商工課:宮下たかし氏)

 長野県野沢温泉村では2010年、全国で初めて「スキー場安全条例」を制定。遭難捜索費用は、条例の中で以下のように制定されている。

(捜索救助費用の弁償) 第 11 条
スキーヤーは、第7条第1項に定められたスキー場区域に属さない区域において発生した事故により捜索救助を受けた場合は、その費用を指定管理者に弁償しなければならない。

 では、その捜索費用はいったいどのくらいかかるのか、野沢温泉村観光産業課に問い合わせた。上記の長野県野沢温泉村では、15年9月25日付で、統一基準が設けられたという。その金額が以下だ。

・出動手当……昼間(※夜間の捜索活動は行われない)2万円/1人
・食糧費……1000円/1人
・本部設営費……3万円
・保険料……1万5720円/1人 ※捜索活動のための保険は限られており、7日間のみの保険加入となる)
・車両……冬季は雪上車が必要。費用は各スキー場で設定
※飯山警察署管理内の山域で発生した遭難事故で、遭難対策協議会が出動した場合。雪上車については各スキー場によって異なるが、1時間当たり5万円と設定しているスキー場もある。

登山やスキー場で遭難、救助費用300万円請求も…事前の保険や補償制度活用は必須のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、バックカントリースキー妙高杉ノ原池の平温泉赤倉温泉赤倉観光リゾートの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事