NEW

限界まで「虫」を食べることに挑戦してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バッタ会でつくった昆虫料理。左上の緑色のものから時計回りに、桜毛虫のヌガー抹茶がけ、桜毛虫の佃煮、コオロギクッキーとバッタクッキー、桜毛虫のプチキッシュ、コオロギを練りこんだパスタの素揚げ

 皆さんは昆虫料理を食べたことがあるだろうか。昆虫は、豚肉などより低カロリーで高タンパクであり、環境負荷の小さい食材として、迫り来る人口増加に伴う食糧難の時代の有効な解決策として昨今注目を集めている。

 10月上旬、昆虫料理をつくって食べる「バッタ会」に参加したので、その様子をレポートしよう。

通には桜毛虫の佃煮、ビギナーにはバッタパウダー入りクッキー


 今回食材となったのは、モンクロシャチホコというガの幼虫である「桜毛虫」と、コオロギ、バッタだ。

 桜毛虫は、乾燥させたものと酒漬けにしたものが用意された。酒漬けした桜毛虫の大きさは乳児の指より細長い。黒っぽく、毛がふさふさとしていてギョッとしてしまうが、匂いを嗅いでみると桜餅のような香りがする。桜の葉を食べるため、その香り成分「クマリン」を体内に取り込むためだという。参加者の20代の女性は、初めは怖がっていたが、最終的には「いい匂い!」と吸い込むように嗅いでいた。

 これらはプチキッシュ、トレハロースで固めたヌガー、佃煮として料理されたが、なかでも好評だったのが佃煮だ。つくり方は、酒漬けにした桜毛虫を軽く油で炒め、香ばしい香りがたってきたら、めんつゆと砂糖を入れて煮立たせる。仕上げにみりんで照りをつけたら完成だ。油でしっかりと炒めてあるので表面はカリカリ、噛むとじゅわっと中から汁が溢れて口中に桜の香りが広がる。特異な味はせず、醤油と調和していて美味しい。虫感を前面に出した挑戦的な見た目と、華やかな味わいのギャップが楽しい。冷やした日本酒や白ワインに合いそうだ。

 桜毛虫は7月から9月にかけて発生し桜の葉を食べる害虫だが、このように料理に生かすことができれば、駆除作業も楽しくなるかもしれない。なお、その際には殺虫剤は用いずに捕ること、捕まえたあとはすぐに殺さずに1日かけてフン抜きをすることが必要だ。

桜毛虫の佃煮

 コオロギとバッタはクッキーの材料になった。コオロギはそのままの姿でローストさせたもの、バッタはパウダーにしたものが市販されているのでそれを用い、それぞれクッキー生地に混ぜ込んで焼く。


市販のローストコオロギとバッタパウダー

焼く前のクッキー生地。左がコオロギクッキー、右がバッタパウダークッキー

焼きあがったクッキー。左がバッタパウダー入り、右がコオロギ入り

 バッタパウダーは鰹節のような香りでそれ自体に旨みがあるので、たこ焼きやお好み焼きに混ぜてダシとして使うのもいいかもしれない。乾燥コオロギは、筆者は怖くて味見できなかったが、ほかの参加者によるとサクサクして香ばしく桜エビのような味とのことだった。

限界まで「虫」を食べることに挑戦してみたのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、バッタパウダー入りクッキー昆虫料理食用昆虫科学研究会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!