NEW

熟年婚活&結婚の理想と実態…老人ホームの「死ぬまでセックス」問題

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 今年5月、63歳の阿川佐和子さんが6歳年上の元大学教授の男性と結婚したことが話題になった。かつて“結婚できない女”といわれた阿川さんの“熟年結婚”に祝福ムードが広まったように、近年は中高年の恋愛・結婚が肯定的に受け止められるようになってきている。


 実際、最近は熟年向けの婚活ビジネスも盛んで、中高年層の参加者が増加している。一方で、熟年世代が結婚相手に何を求め、どのような事情で婚活に励んでいるのかは、あまり知られていない。

 そんななか、熟年世代の婚活事情を6年以上前から取材し続け、今年6月に『熟年婚活』(KADOKAWA)を上梓したのが、作家の家田荘子さんだ。家田さんが目にした熟年世代の恋愛、そして婚活事情とは。

デート代に800万円…金目当ての熟年女性も


 本書の取材のために、家田さんは東京や大阪の婚活バスツアー、婚活パーティー、婚活サロンなどに何度も足を運んだという。

「婚活ツアーや婚活パーティーの取材では、参加されている方々に許可をもらい、その人の人生もひっくるめて話をうかがうことが多かったですね。もちろん、婚活の理由やきっかけは人それぞれです。ただ、多くの方が『残された人生を厚みのあるものにしたい』と考え、新たなパートナーを探していたのが印象的でした」(家田さん)

『熟年婚活』(KADOKAWA/家田荘子)
 子育てまで視野に入れて婚活する20~30代と違い、熟年の婚活はパートナーとの充実した時間を求める傾向がある。とはいえ、やはり男性と女性では目的が微妙に異なるようだ。

「女性の場合、『結婚して安定したい』という人が多い印象です。60歳を過ぎたら仕事から離れてしまいますし、現役で働いていたころの賃金が低ければ、年金も少なくなってしまう。そのため、結婚相手にある程度の経済力を求める人が多いですね。女性がひとりで生きていくのは大変なことですから」(同)

 参加者のなかには、完全にお金を目的にした女性もいる。婚活バスツアーで知り合った女性と8カ月間交際した結果、デート代など約800万円も使った会社員の男性がいたという。こうした熟年男性は、相手の女性に何を求めているのだろうか。

「これはエージェントさんから聞いた話ですが、男性には『将来、自分の介護をしてほしい』と考える人が多いそうです。シニアの婚活では看護師の女性に人気が集まりがちなのですが、そうした事情があるのかもしれません」(同)

 また、20~30代の婚活と大きく違うのは、結婚経験者が多数を占めるということ。離婚や死別で妻や夫と離れてしまったが、「再び新たなパートナーを得たい」と考えて、婚活現場に足を運ぶのである。

「参加者からは、よく『今後はパートナーと一緒に旅行や趣味を楽しみたい』という声を聞きました。20~30代の若い人なら、ひとりで旅をするのも平気ですが、一度結婚して誰かと一緒に何かをする喜びを知っているシニアは、今後ひとりで過ごすことに寂しさを覚える。旅先で同じ花を見て『きれいだね』と言い合う相手がほしいと感じる人も多いのです」(同)

『熟年婚活』

平均寿命がますます延びる中、熟年世代の婚活が盛んに行われている。バス旅行を中心に大人気の婚活ツアーをはじめ、婚活クラブ、地下風俗、老人ホームにおける恋愛や結婚の実態を家田荘子が密着リポート。

amazon_associate_logo.jpg

熟年婚活&結婚の理想と実態…老人ホームの「死ぬまでセックス」問題のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、セックス婚活熟年結婚老人ホーム高齢者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!