NEW

「セクハラだとは思っていなかった」という言い訳。権力の持つ力に気が付かないことは罪だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「セクハラだとは思っていなかった」という言い訳。権力の持つ力に気が付かないことは罪だ。の画像1
Photo by Marco FrontSoldier from Flickr

 先日、著名ブロガーであり作家のはあちゅうさんが電通社員時代に著名クリエイターである岸勇希氏から過去に受けたセクシュアル・ハラスメント、パワーハラスメントをBuzzFeedにて告発した(はあちゅうが著名クリエイターのセクハラとパワハラを証言 岸氏「謝罪します」)。BuzzFeedから質問状を受け取った岸氏は、記事が掲載される前に自身のブログで謝罪文を公開。事前に記者への連絡はなかったという(Buzz Feed様からの取材について)。

 はあちゅうさんは記事の中で、深夜に岸氏の家に何度も呼び出されたことや女性を紹介するように言われたことなどを訴えており、さらに”『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ? その程度の覚悟でうちの会社入ったの? お前にそれだけの特技あるの? お前の特技が何か言ってみろ』”と性的な関係を要求されたとも証言している。岸氏はこの点について謝罪文の中で「深夜に呼び出したこと」や「威圧的な発言や追い込む言動」をしていることを認めているものの、「性的な関係を要求した」ことは否定している。

 岸氏は謝罪文の中で「当時は、私の認識や理解が未熟で、後輩への指導とハラスメントの境界が、正しく認識できていなかった」と書いていた。この謝罪文を読んでいると、セクハラやパワハラをする人間はそれがセクハラ・パワハラであることに気がついていないのではないかということを改めて思った。

「セクハラだとは思っていなかった」という言い訳。権力の持つ力に気が付かないことは罪だ。のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事