NEW

キタサンブラック、収入総額は驚異の32億円!来年の競馬を占う金杯の行方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年も金杯からスタート

 中山競馬場で10万人、テレビの前で数百万人の競馬ファンがキタサンブラックと武豊騎手の偉業達成に歓喜した有馬記念、また年末28日開催と新たにG1に昇格したホープフルステークスが無事に終了し、2017年の競馬はあっという間に幕を閉じた。

 やはり、今年の競馬もキタサンブラックの独壇場だった。大阪杯、天皇賞(春)、天皇賞(秋)、有馬記念とG1レースを4勝。引退レースとなった有馬記念を断然の1番人気で勝利し、通算獲得賞金は18億7684万3000円、テイエムオペラオーを約4000万円上回り、JRA歴代1位を記録して歴史に名を刻まれる存在となった。

 引退後は種牡馬となりシンジケートが組まれるが、その金額も13億5000万円(1口2250万円で60口)といわれており、大きな注目を浴びている。これらを総合すると、競走馬デビューから種牡馬入りまでにキタサンブラックが稼いだ総額は、約32億円というケタ違いの大金だ。

 このように今年の競馬はキタサンブラックが話題を独占したわけだが、来年はどのようなドラマが待っているだろうか。2018年は、1月6日に中山競馬場と京都競馬場で一年を占う重要なレース「金杯」が行われる。これは競馬ファンにとって新年最初の大勝負となるわけだが、競馬ファンでなくても「一年の運試し」にもってこいのレース。的中させて、その馬券を「開運のお守り」としたいところだ。

 しかし、有馬記念もマスコミがノーマークだった人気薄馬が好走して2着に入ったように、競馬は難解である。また、金杯は2レースともハンデ戦で行われ、毎年万馬券が飛び出す波乱必至の予想困難なレースだ。

 そこで、今回は金杯で馬券を的中させるために、昨年の的中実績と確固たる情報を持っているサイトを紹介したい。ちなみに、スポーツ紙や競馬専門紙は昨年の実績を公開していないので、検証しようがない。その点、「WORLD競馬WEB」は優れた実績を持っている。

 17年の金杯は、「中山金杯」で馬連1760円・3連複2360円・3連単1万430円、「京都金杯」も馬連1120円・3連複3260円を的中させている。しかも、共に両レースを勝った馬を本命として的中させているのだから、その実力は本物だ。さらに、これだけでなく17年の正月競馬では3連単の13万7600円、9万2740円、6万5250円、5万160円など多くの大万馬券を的中させている。まさに、金杯を含めた新年の大勝負を託すのにふさわしい実績といえよう。

 この「WORLD競馬WEB」は、ダービー馬・サニーブライアンの主戦騎手としてお馴染みの大西直宏元JRA騎手、天皇賞馬・ライスシャワーなどを手掛けた飯塚好次元JRA調教師など競馬界の超大物OBをはじめ、多くの厩舎関係者や現役騎手と密接な情報ルートが入手した「本物の競馬関係者情報」を提供している競馬情報サイトだ。設立から18年とその実績は長く、多くの競馬ファンから支持されている。

 彼らが扱う情報は、一般マスコミが扱うものとは雲泥の差がある。スポーツ紙や競馬専門紙に載るような“当たり障りのない無難なコメント”ではなく、勝負になる/ならないが一目瞭然となる各陣営の“ホンネ”や、表立って語られることは絶対にない“オフレコ話”など、特別な情報を毎週入手している。それが可能なのも、元JRA騎手や元調教師など超大物が所属し、独自の情報ルートを確立しているからなのだろう。

 さらに、入手した情報は徹底的な「検証」と「裏付け」を経て、最終結論(勝負買い目)とともにファンに提供している。万全に万全を期して提供できるように、一つひとつの作業は相当手が込んでいる。このあたりも、個人の予想をただ掲載しているだけのマスコミとは一線を画す。

 まさに、競馬界最高峰のプロフェッショナル集団といえる。「競馬を通じて利益を得たい」と本気で考えている人に最適なサイトだ。もちろん、ベテランの競馬ファンだけでなく、完全な初心者でもまったく問題ない。多くの競馬ファンが支持しているように、安心して利用できる。

 そんな「WORLD競馬WEB」が、今回サイトに無料登録した方を対象に、注目の「金杯情報」を無料提供するというから、聞き捨てならない。

 レースの傾向について話を聞くと、まず中山金杯は、マスコミや一般競馬ファンから注目度の低い、人気の盲点になりそうな馬がいるとのこと。17年のレースで6番人気から2着に入ったクラリティスカイ、16年のレースで5番人気から2着に入ったマイネルフロストのように、中山金杯は毎年、人気薄の好走馬がいて好配当が飛び出しているが、今年も同様に好走必至の馬がいるという。

「その馬は、近走の成績により世間一般では軽く見られそうですが、それらはすべてこのレースで結果を残すための準備です。万全の仕上がりで、関係者からは“ゴーサイン”が出ています。この馬が絡むことで配当がグンと上がるので、いいお年玉となるでしょう」(「WORLD競馬WEB」担当者)

波乱必至の金杯、2018年の伏兵はどの馬か?

 さらに京都金杯においても、かなりの手応えを感じているようだ。

「京都金杯は毎年、人気馬が崩れて好配当が飛び出しているレース。今回も近走成績は良いものの、ここでは危険な人気馬がいます。さらに、この条件だからこそ狙える驚きの伏兵馬を掴んでいます。こちらも配当妙味は抜群で必見です」(同)

 17年の金杯も、きっちり万馬券を的中させた彼らがこう断言するのだから、相当に自信があるのだろう。

 前述したように、「WORLD競馬WEB」は今回サイトに無料登録した方を対象に「中山金杯・京都金杯情報」を無料提供してくれる。しかも、その内容はダービージョッキーの大西直宏氏が、自信の本命馬だけでなく、組み合わせる相手も1点に絞って教えてくれるという『大西直宏の結論・馬連1点馬券』だ。

 これはローリスクで一獲千金を狙いたい方には、まさに打って付けだろう。馬連1点なので買い方を迷う必要は一切なく、さらに的中時には資金が10倍、20倍に増えることも極めて現実的になる。また、ほかに余計な馬券を買わないのでリスクも最小限で済む。本物のプロが提供する“価値のある情報”に基づいて、金杯で「お年玉」をゲットしようではないか。
(文=編集部)

CLICK → 『無料公開 金杯 馬連1点馬券・大西直宏の結論』

※本稿はPR記事です。

キタサンブラック、収入総額は驚異の32億円!来年の競馬を占う金杯の行方は?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラックホープフルステークス中山金杯京都金杯の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事