NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

岡村隆史の「最後の大暴れ」に期待?今年の「年男」、大谷翔平や櫻井翔ら圧巻の顔ぶれ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡村隆史
 前回は「2018年注目の年女」を挙げたが、今回は“年男”。


 戌年生まれには、映画監督の黒澤明さん(1910年生まれ)、「カップヌードルの父」こと安藤百福さん(1910年生まれ)、『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるさん(1922年生まれ)、「裸の大将」でおなじみの山下清さん(1922年生まれ)など、才能あふれる人物が多いが、現在の芸能界にも多彩な顔ぶれがそろっている。

 戌年の黄金世代は、なんといっても1982年生まれ。小栗旬綾野剛藤原竜也瑛太向井理ら実績十分の俳優がそろい、今年は全員の主演作が期待できる。また、プライベートでも親交が深く演技論を交わす仲だけに、共演での息もピッタリで、「戌年生まれのドラマをつくる」といった企画もアリだろう。

 さらに、櫻井翔相葉雅紀滝沢秀明村上信五ら、アイドルの層も厚い。いずれも演技もバラエティもOKのマルチタレントだが、なかでも注目は、昨年の『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)でMCを務めて一皮むけた村上信五。事務所の先輩である中居正広に次ぐ、アイドルMCとしての地位を確立するのではないか。

岡村隆史、上田晋也、宮迫博之…芸人の当たり年


 ひと世代上の1970年生まれには、一線級の芸人が勢ぞろい。ナインティナインの岡村隆史、くりぃむしちゅーの上田晋也、ネプチューンの原田泰造、雨上がり決死隊の宮迫博之、博多華丸・大吉の博多華丸、千原兄弟の千原せいじ、キャイ~ンのウド鈴木天野ひろゆき、ますだおかだの増田英彦、FUJIWARAの藤本敏史、パックンマックンのパックン

 なかでも注目は、いわゆる“お笑い第4世代”。リーダー格の岡村隆史は、自身の番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が3月で終了するだけに、最後の大暴れが期待されている。

 そのほかの同年生まれでは、来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』(NHK)の主演が決まっている阿部サダヲと、同作の脚本を手がける宮藤官九郎。アーティストでは、Mr.Childrenの桜井和寿、LUNA SEAの河村隆一西川貴教らボーカリスト。吉岡秀隆原田龍二宅間孝行池田鉄洋正名僕蔵諸星和己らがいる。

1994年組は大谷翔平、羽生結弦、山崎賢人…


 1994年生まれは、世界での活躍が期待されている。今季からメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍した大谷翔平、平昌オリンピックでの連覇に挑むフィギュアスケートの羽生結弦、競泳の五輪メダリストコンビ・萩野公介瀬戸大也、柔道90kg級金メダリストのベイカー茉秋ら、ワールドクラスのアスリートぞろい。

 芸能界では、ドラマ『陸王』(TBS系)の熱演が記憶に新しい山崎賢人。新年早々、ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)で主演を務めるほか、2016年の「本屋大賞」に輝いた小説『羊と鋼の森』(文藝春秋)の実写版映画でも主演に挑む。

『L・DK』(東映)、『ヒロイン失格』(ワーナー・ブラザース映画)、『orange』(東宝)、『一週間フレンズ。』(松竹)など、いわゆる胸キュン映画への出演で「イケメン扱い」されがちなだけに、演技派俳優への脱皮を図る1年になるだろう。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

岡村隆史の「最後の大暴れ」に期待?今年の「年男」、大谷翔平や櫻井翔ら圧巻の顔ぶれのページです。ビジネスジャーナルは、連載、大谷翔平岡村隆史戌年櫻井翔の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!