NEW

「新・夢の国」ラウンドワン、充実の設備が際限なき進化で若者殺到&利益爆増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラウンドワン HP」より

 ボウリングなどアミューズメント施設を展開する「ラウンドワン」が元気だ。業績悪化で苦しんでいた同社に何が起きているのか。

 11月の既存店売上高は、前年同月比8.6%の増加を果たした。10月も8.7%増と高い伸びを見せている。2017年4~9月期の連結決算は、売上高は前年同期比8.4%増の462億円、営業利益は58.4%増の42億円だった。純利益は2.5倍の24億円となっている。大幅な増収増益だ。

 人気音楽グループ「ゴールデンボンバー」とのタイアップイベントや、小学生以下無料キャンペーン、キャッシュバックイベントが集客に貢献したほか、新型のクレーンゲーム機の投入やカラオケのモニター大型化、スポーツ複合施設のエリア拡大といった施策が奏功した。

 好業績を背景に、株価も好調だ。12月18日の終値は1756円だったが、翌19日は前日比135円高の1891円まで上昇した。20日も上昇が止まらず2007円を付けて年初来高値を更新し、1989円で終着した。大和証券が18日付で投資判断を2段階格上げとなる最上位の「1」に引き上げ、目標株価も1000円から2700円に上方修正したことが影響したとみられる。今後の成長を期待して投資家の買いが入ったようだ。

 ところで、ラウンドワンの好業績は以前から続いているようにも思えるが、実際はそうではない。好業績は最近の話で、以前は業績が悪化していたのだ。

 具体的には、売上高は17年3月期こそ前年比5.1%増加の877億円だったが、16年3月期までは4年連続で前年割れが続いていた。本業の儲けを示す営業利益も同様で、17年3月期は4.9%増加の66億円だったが、16年3月期までは4年連続で前年を下回っていたのだ。

 このように、17年3月期から急に業績が上向いたが、何がV字回復の要因となっているのだろうか。まず思い浮かぶのは「店舗数の増加」だが、どうやらそうではないようだ。17年3月期末の店舗数(連結)は122店で前期末と変わらない。17年4〜9月期末は約2%にあたる3店の純増にとどまる。前述したとおり17年4〜9月期の売上高は8.4%も増加していて、売上高の増加率のほうが圧倒的に高い。よって、好業績の主因は店舗数の増加ではなく、1店ごとの売上高が上がっていることにあると推測できる。

「新・夢の国」ラウンドワン、充実の設備が際限なき進化で若者殺到&利益爆増のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ボウリングラウンドワン東京ディズニーリゾートの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事