NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

誰も知らない新宿・歌舞伎町

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「新宿スカラ座」(「新宿歴史博物館」より)

歌舞伎町には歌舞伎座ができるはずだった


『台湾人の歌舞伎町』(稲葉佳子・青池憲司著/紀伊國屋書店)
 稲葉佳子・青池憲司著『台湾人の歌舞伎町』(紀伊國屋書店)が面白い! 東京・新宿の歌舞伎町の店舗の経営者やオーナーに中国人、韓国人が多いということは、一般論としては私も知っていたが、同書は実に徹底的にその実態を当事者へのインタビューなどを通じて歴史的に検証している。私が新宿でほぼ唯一入る店、名曲喫茶の「らんぶる」も台湾人がつくった店だとは! 驚きの連続の本なのだ。

 都市の歴史というものは、大きな道路やビルなどによってのみつくられるのではない。一人ひとりの人、一つひとつの小さな店、いや、露店や屋台も含めて小さなもののうごめきがつくりだす、ということを教えてくれる都市研究の名著である。

 歌舞伎町は今では世界に冠たるエロチックタウンであるが、そもそもは、その名の通り歌舞伎座をつくって芸術文化の街をつくるというコンセプトで開発が始まった街だった。角筈1丁目北町(歌舞伎町の旧町名)の町会長だった鈴木喜兵衛と、東京都都市計画課長で、その後日本都市計画学会会長となる石川栄耀(ひであき)が、敗戦後の焼け野原に広場を囲んで劇場、映画館、ダンスホールなどが並ぶ一大アミューズメントセンターをつくろうという計画だったのだ。

 東京都の役人がそんな柔らかい街づくりを構想するとは不思議だと思われる方もいるだろう。だが、石川は昭和初期からすでに「夜の都市計画」の重要性を主張してきた稀有な存在なのである。「夜」は「昼間とても得られぬ親しい人間味のある安静の時だ。トゲトゲしい昼の持つ、一切の仲たがいと競争と、過度の忙しさと、人間紡績機の乾燥さに静かに幕をおろし、本来の人なつこい心に帰る時である」。「人と人との間に失われつつある、愛の回復のために夜の親和計画」を考えよう、と石川は言ったのである。

 しかし歌舞伎町は建築制限、預金封鎖、物資不足などにより、計画どおりには実現されなかった。鈴木は苦肉の策として、1950年に東京産業文化博覧会を開催して、博覧会用につくったパビリオンを映画館に転用、さらに56年にコマ劇場が完成して、なんとか娯楽の街ができていった。

誰も知らない新宿・歌舞伎町のページです。ビジネスジャーナルは、連載、喫茶店新宿歌舞伎町の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事