NEW

『99.9』がクソ面白い…松本潤の笑顔がマジで気持ち悪く、AV女優二股事件を想起

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプション

 松本潤(嵐)が主演を務める今クールの連続テレビドラマ『99.9 刑事専門弁護士SEASON II』(TBS系)の第1話が14日、放送された。

 これまで“99.9%有罪”だとされる被疑者の無罪を数多く勝ち取ってきた刑事専門弁護士の深山大翔(松本潤)。その深山が勤務する斑目法律事務所にある日、殺人容疑で起訴された鈴木二郎の娘・鈴木加代が現れ、二郎の弁護を依頼し、無罪を勝ち取ってほしいとお願いする。しかし、加代に同伴してきた友人で元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)は、警察の証拠資料からみて二郎は100%クロであり無罪にすることは不可能なため、二郎に罪を認めさせて情状酌量によって刑期を短くする戦略を取るよう要求し、深山と刑事事件専門ルーム室長の佐田篤弘(香川照之)を驚かす。佐田に言いくるめられて弁護士として二郎の事件だけを担当する“臨時雇用契約”を結んだ尾崎は、無実を証明するために新たな証拠探しに奔走する深山と真っ向から対立し、深山をよそに裁判で情状酌量の証言をしてくれる証人探しを進める。

 そして迎えた公判では、なんと深山は新たな証拠を提示し、二郎に無罪判決が下される可能性が高まり、尾崎は自身の行動を恥じるところまでが第1話で放送された。

 まず同ドラマの見所は、なんといっても深山と佐田の掛け合いだろう。いつも傍若無人で好き勝手な弁護活動を展開する深山を、佐田は心底嫌っているのだが、オヤジギャグのセンスが抜群に合い、佐田は深山がギャグを言うたびに絶賛したり、佐田は結局は深山の味方になったりと、妙に馬が合うという設定。「佐田をバカにする&無視する&茶化す深山」「それにいちいちキレる&怒鳴る佐田」というキャラクターはSEASON Iからさらに拍車がかかっており、特に佐田演じる香川の“これでもか”というほどオーバーでやりたい放題の演技には爆笑してしまった。

 今回のSEASON IIでは、そんなコンビに生意気な尾崎が加わり、深山&佐田コンビを引っ掻き回すのだが、第1話で早くも絶妙なトリオ劇が完成されており、第2話以降でも3人のやりとりに期待が持てる。

 一方、二郎の無罪を証明する新証拠が発見されるまでの部分については、「そんなに簡単に見つかるものなのか……」と若干の疑問は感じたが、弁護士モノのエンタメドラマだと割り切ってしまえば、気にはならない。

 ただ、協調性ゼロ&自分勝手で空気をまったく読まない言動で周囲をイライラさせる“変わり者弁護士”という役は、松本のハマり役だと評価できるが、ときたま松本が見せる“不敵な笑み”のアップシーンが“本当にヤバイ人”のように見えて気持ち悪く、一昨年に報じられたAV女優との二股交際疑惑を思い出し、「松潤、夜はこんな笑顔でAV女優に迫っていたのかな」という疑問が頭をよぎってしまうのは否めない。さらに、特に目元など松本の老けぶりが際立ってしまうのも同ドラマの難点といえよう。

 しかし、全体としてはエンタメ性も抜群で、日曜の夜に頭を空っぽにして見るには最適のドラマであり、さらに男性視聴者は木村文乃が画面に映るだけで癒やされるであろうことが予想され、高視聴率が期待できるだろう。
(文=米倉奈津子/ライター)

『99.9』がクソ面白い…松本潤の笑顔がマジで気持ち悪く、AV女優二股事件を想起のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、99.9% 刑事専門弁護士松本潤香川照之の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!