NEW

マツコ・デラックスの「セクハラ認識」の歪み。「フェミニストは想像だけで性を語る超ブス」だからセクハラ批判の資格を持たない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

マツコ・デラックスの「セクハラ認識」の歪み。「フェミニストは想像だけで性を語る超ブス」だからセクハラ批判の資格を持たない?の画像1
『5時に夢中!』公式サイトより

 今月15日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「男性には『言い寄る権利』がある」と主張する声明に寄せられた批判の一部に対して、署名人のひとりである女優のカトリーヌ・ドヌーヴが「性暴力被害者」に向けて謝罪したことを取り上げた。番組レギュラー出演者のタレントのマツコ・デラックスが「こんなことでわざわざ謝罪してほしくなかった」とコメントした。

 wezzyでも既報の通り、カトリーヌ・ドヌーヴは今月9日のル・モンド紙に、行き過ぎた#metoo運動は性の自由を脅かすものであり、「男性には女性に言い寄る権利がある」と主張する書簡の署名人として名を連ねていた。その後この書簡にはフランス国内外から批判が殺到し、ドヌーヴは14日、主張の撤回はしないが性暴力被害者には謝罪するという新たな書簡を「リベラシオン」に掲載していた。

 このニュースについて司会のふかわりょうからコメントを求められたマツコは、以下の発言をしている(一部要約の上で全文を起こす)。

マツコ・デラックスの「セクハラ認識」の歪み。「フェミニストは想像だけで性を語る超ブス」だからセクハラ批判の資格を持たない?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事