NEW

『BG』やはり木村拓哉は画面に「映える」…キムタクドラマの最高作か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『BG~身辺警護人~』公式サイトより

 元SMAP・木村拓哉が主演を務める連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が1月18日にスタートし、平均視聴率15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。今クールにゴールデン・プライムタイムで放送される民放ドラマのなかで、暫定トップに躍り出た。

 主人公の島崎章(木村)は、元“敏腕ボディーガード”だが、ある事件がきっかけとなり、民間警備会社の工事現場警備員に転身していた。しかし、会社が身辺警護課を新設するにあたり、着任を打診された島崎は、過去を隠して新人ボディーガードとして復帰。同課には課長の村田五郎(上川隆也)をはじめ、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)といった個性的なメンバーが集結し、あらゆる任務を遂行していく姿が描かれる。

 第1話は、東京・隅田川のマラソン大会のスポンサーである会社会長の大久保佐助(伊武雅刀)から入った、身辺警護課初めての依頼が舞台だ。大会のスターターを務める厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)のもとに脅迫状が届いていたため、大久保は巻き込まれることを恐れ、自身の警護を命じる……という展開だった。

 同ドラマには、上記の出演者に加え、愛子の警護を担当する警視庁・セキュリティポリス(SP)の落合義明役に江口洋介、その上司・氷川修役に宇梶剛士、今回ゲスト出演したジャーナリスト・犬飼悟役には勝地涼が起用されるなど、豪華キャストが名を連ねる。やはりジャニーズ事務所の、しかも木村の主演ドラマとなると、今もこれだけの顔ぶれが揃うのだな、と感心してしまう。

 しかし、放送前の評判はあまり良いものではなかった。木村といえば、SMAP解散騒動で“裏切り者”のレッテルを貼られ、世間的には大きく株を落とした。そうでなくとも、インターネット上では数々のドラマに出演してきた木村に対し、「いつも同じ演技」「何をやってもキムタクでしかない」などと言われ続けてきた。

 ところが、この“期待感のなさ”が良かったのか、いざ放送が始まると「テンポがいい」「結構おもしろい」といった好意的な書き込みが散見された。「木村の演技は相変わらず」との声はあり、そこは私も否定できないが、それでもやはり木村は画面に“映える”のだ。

 驚いたのは、島崎が工事現場の警備員として働く場面で、目深にかぶったヘルメットとマスクでまったく顔が見えなかったにもかかわらず、一目見て「あれが木村だ」とわかるオーラを放っていたこと。私は別に木村のファンでもなんでもないので、余計に「木村ってスゴイ!」と感じた。

 また、ネットユーザーの言う通り、話のテンポが良いので集中して観ることができたし、内容もわかりやすいので飽きなかった。だからこそ、続きも気になる。

今回、島崎と意見に相違が生じていた高梨が、今後どのように変化していくのか。島崎と高梨(もっと言えば木村と斎藤)が、時を重ねて良いコンビになってくれたら、もっとおもしろくなりそうだ――。

 そんなことを考えていたら、「もしかすると『BG』は、近年の木村が主演した連ドラのなかで最高の盛り上がりをみせるのではないか」と、期待せずにはいられなくなった。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『BG』やはり木村拓哉は画面に「映える」…キムタクドラマの最高作かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、BG~身辺警護人~テレビ朝日木村拓哉菜々緒の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事