NEW

冤罪で20代を刑務所で失った女性、再審へ…警察、無実認識し有罪供述誘導か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元看護助手の西山美香さん、再審決定

 脅し、賺(すか)し、宥(なだ)めは取り調べの常套だが、これを勘違いしてしまった若い女性の悲劇が起こっていた――。

 滋賀県の病院で男性患者の人工呼吸器を外し死なせたとして殺人罪で懲役12年が確定、昨年8月に出所した元看護助手の西山美香さん(38)について、大阪高裁は先月20日、西山さんが求めていた再審を認めた。

 03年5月に滋賀県の湖東記念病院で72歳の男性患者が死亡した。滋賀県警は人工呼吸器のチューブが外れたことを知らせるアラーム音に西山さんが気づかず男性が窒息死した、とみて過失致死事件として捜査していた。しかし、任意聴取されていた西山さんは翌年になって「職場での待遇への不満から、呼吸器のチューブを外した」と自白した。目撃者もなく「証拠」は自白だけだが、大津地裁では一転無罪を主張した。同地裁は「自白は真犯人でなければ語れない迫真性に富む」と懲役12年を言い渡し、最高裁で確定していた。

 西山さんは12年9月に再審を請求。大津地裁で棄却されたが、弁護団が男性の血液データなどを調べると致死性不整脈など病死の可能性が高いことが判明した。これについて大阪高裁の後藤眞理子裁判長は決定で「男性患者の死因が窒息であるのか病死であるのかは司法解剖の所見からは判断できない」と疑問を投じ、「警察官などから誘導があり、迎合して供述した可能性がある」と指摘した。

「20代の一番大事な時を刑務所で過ごすのはつらかった」と漏らした西山さんは、亡くなった男性について「職員として申し訳ないと思っていますが、殺してないことだけはわかってほしい」と訴えた。父親の輝男さん(75)は「やっと(娘が)社会に戻った感じです」と声を詰まらせた。足が不自由で車いすで駆け付けた母の令子さん(67)は「もう検察は邪魔しないでほしい」と訴えた。しかし大阪高検は後日、最高裁に特別抗告した。

捜査に合わせた供述

 
 取り調べでの西山さんの供述は不自然に変遷していた。呼吸器のアラームは鳴らないようにするボタンもある。供述は途中から「ボタンを押した」となった。決定は、のちに捜査側がアラームが鳴っていないことを知り、捜査に合わせるように供述させた可能性も示唆した。

冤罪で20代を刑務所で失った女性、再審へ…警察、無実認識し有罪供述誘導かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、再審冤罪事件自白の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事