NEW

「#女性専用の街」を欲する性犯罪の現実と、保守的な女性観の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「#女性専用の街」を欲する性犯罪の現実と、保守的な女性観の危険性の画像1
「#女性専用の街」を欲する性犯罪の現実と、保守的な女性観の危険性の画像1
Photo by nathan williams from Flickr

 Twitterで「#女性専用の街」というハッシュタグが流行っている。この流行は、先週から始まった。

 あるツイッターユーザーが、「女性専用の街があったら、夜の9時でも買い物に行けるし、深夜早朝の勤務もできる。気を引き締めなくても、後ろを気にしなくてもいい。足音、自転車の車両の音、バイクの音に振りかえらなくてもいい」といったツイートしたことがきっかけだ。

 当初このツイートには、女性ユーザーから賛同の声が数多く寄せられたが、一方でこれに「男性差別だ」「現実的でない」と憤る声も増加し、議論が交わされている。

 紹介したツイートの趣旨は、女性がいかに普段から性暴力に対して不安を抱いているのか、をわかりやすく示したものであって、実際に女性専用の街を作ろう、という提案ではないだろう。実際、「平成28年度犯罪白書」によれば、強姦の認知件数は平成27年度で1167件、強制わいせつは女性が6596件、男性が159件となっている。これはあくまで認知件数であり、実際にはそれ以上の被害がある。つまり性暴力は日常的に、しかも女性をターゲットにしたものが数多く行われている、ということだ。

「#女性専用の街」を欲する性犯罪の現実と、保守的な女性観の危険性のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!