NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

超有名プロ野球選手、用具メーカーに大量に無償提供を要求…タニマチにバラ撒く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 まもなくプロ野球のキャンプが始まる。今年も2月1日から12球団が一斉にキャンプインするが、9球団が温暖な沖縄県(沖縄本島、石垣島、久米島)をキャンプ地に選んだ。

 今年、最も注目のルーキーといえば、北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手だろう。有名なラグビー指導者である清宮克幸氏の長男という毛並みのよさに加えて、史上最多高校通算111本塁打の記録も持つ。昨年のドラフト会議で、7球団の競合の末にファイターズが交渉権を獲得し、入団が決まった。

 その動向が各メディアで報道されるなかには、清宮選手に対して「用具メーカーが契約総額数千万円でアドバイザリー契約を結ぼうとしている」という気になる記事もあった。真偽のほどはわからないが、この機会に「プロ野球選手と野球用具」について考えてみたい。

選手が結ぶ「アドバイザリー契約」


『20年続く人気カフェづくりの本 ―茨城・勝田の名店「サザコーヒー」に学ぶ』
 プロ野球選手として活躍して有名になると、大手スポーツ用品メーカーと野球用具についての「契約」を結ぶことがある。メーカーにとって有名選手は“広告塔”なので、契約金を支払い、同社の用具を無償提供するのだ。契約した選手は「アドバイザリースタッフ」や「ブランドアンバサダー」などと呼ばれる。この契約には「用具別」と「用具全般」がある。

 「用具別」は文字どおり、バットやグローブ、スパイクなどの用具を、個別にメーカー各社と契約するもの。これには用具のみ無償提供と、用具+金銭があり、金銭は年間数十万円が相場だという。少ない気もするが、たとえば打者の場合、打撃練習や試合でバットを年間100本以上使う選手も多い。無償提供すると、1本1万円としてもこれだけで100万円以上だ。

「用具全般」の契約は超一流選手に多く、そのメーカーが手がける自社ブランド全般を使用してもらう。当然ながら、用具全般は契約金額がはね上がるが、多くの選手は年間数百万円と聞く。

 ここまではいいが、将来有望なアマチュア選手には学生時代からメーカー各社が接近し、用具の無償提供をするケースも多い。それに慣れると、野球用具を自分で買う感覚が鈍り、社会常識を持たない選手も出てくる。以下は、かつてメーカー社員から聞いた実話だ。

(アマ選手)「おたくのメーカーのグローブが欲しい」
(メーカー社員)「(3種類のグローブを見せて)どのグローブがいいですか」
(アマ選手)「全部」

 この選手は後にプロ球団に入団したという。また、別の選手で次のような事例もあったという。

超有名プロ野球選手、用具メーカーに大量に無償提供を要求…タニマチにバラ撒くのページです。ビジネスジャーナルは、連載、プロ野球選手北海道日本ハムファイターズ用具メーカーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!