NEW
映画『やまない雨はない』公開記念インタビュー

在日差別や銀座クラブママを経て…大阪の超人気スイーツ店、マダム信子の激烈人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マダムブリュレ HP」より

 大阪の大人気スイーツとして知られるバウムクーヘン「マダムブリュレ」。それを生み出したスイーツ店「マダムシンコ」の創業者で会長のマダム信子こと、川村信子氏の波瀾万丈の半生と、同社社長・川村幸治氏との夫婦愛を描いた映画『やまない雨はない』が先月、大阪・箕面市の109シネマズ箕面にて公開された。同作は、川村会長が綴った同名の自叙伝を原作とし、会長役を川上麻衣子、社長役を永井大が演じている。

 本作では、在日韓国・朝鮮人(以下、在日)としてさまざまな差別と闘いながらのし上がってきた川村会長の熱い“信念”が描かれているが、そこにはどれほどの葛藤があったのか。改めて、話を聞いた。

――映画では、「在日」が大きなキーワードになっていると感じました。川村会長は、誰に観てほしいという思いがあって、映画をつくられたのでしょうか?

川村信子会長(以下、川村) 私と同じ立場の人に観てもらいという思いでつくりました。水商売の人や在日の人って、自分の未来を諦めている人が多いと思うんです。そんな人たちに、生きる勇気を与えたい。映画を観て、もう一度元気を出してほしかったんですよ。そういう人たちにとって私は、歩く見本になれると思うんです。ずっとハングリー精神でやってきましたから。

――未来を諦めている人が多いとは?

川村 水商売の人も在日の人も、誰も守ってくれないんですよ。苦しい時にも、すべて自分で背負わなければならない。頭では「良い時もあれば悪い時もある」とわかってはいても、この苦しさが永遠に続くような気がしてしまう。本当はね、苦しい時だからこそ希望を持って前に進まなければならないはずなんやけど、そこで諦めて自暴自棄になる人は多いでしょう?

――映画でも描かれていましたが、現在は日本国籍を取得していますよね。在日と日本人のアイデンティティの狭間で揺れ動くことはありますか?

川村 日本国籍を取得したのは、5年前に父が亡くなったことがきっかけでした。父は韓国人の血に、とても誇りを持っている人やったんです。だから、父が生きている間は、国籍を変えることはできなかった。ただ、事業が大きくなるにつれて日本国籍が必要やと感じることが増えて、父が亡くなったことをきっかけに、変える決心をしたんです。

 でもね、私自身は“在日出身”の日本人やけど、民族とか国籍で人を区別や差別したことはないんですよ。生まれ育った日本のことは、当然好きやしね。だから、アイデンティティについて、今は悩むことはないですよ。

在日差別や銀座クラブママを経て…大阪の超人気スイーツ店、マダム信子の激烈人生のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、やまない雨はないマダムシンコマダムブリュレの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!