NEW

“現役おっさん”が語る「おっさんレンタル」業の実態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『「おっさんレンタル」日記』(大和書房刊)

 「おっさんレンタル」というサービスがある。

 名前の通り1時間1,000円から、“おっさん”をレンタルできるサービスだ。頼める仕事は決まっておらず、依頼人と相談で決める。ネットやテレビで知っている方も多いだろう。

 『「おっさんレンタル」日記』(大和書房刊)の著者、西本貴信さんはおっさんレンタルの発案者であり、自身も本業の傍らおっさんレンタルとして働いている。

 西本さんの元には、どのような依頼が来るのだろうか。

 日々のレンタルの様子を綴った『「おっさんレンタル」日記』には、年齢も性別も、依頼内容も様々な依頼人が登場する。中には「話を聞いてるだけでお金をとるのね」などと言われてしまったり、ひたすらナンパをさせられるような過酷な依頼もあるという。

 一方で、西本さんが毎週楽しみにしているレンタルがある。

 それは89歳のおばあちゃんと公園を散歩するというもの。初レンタルのとき、健康のために散歩を勧めたことがきっかけだったそうだ。

 おばあちゃんは西本さんに会うと、必ず亡くなった旦那さんとの思い出を話す。「生まれ変わっても一緒になりたいな」そう話すおばあちゃんの言葉に、胸が熱くなるという西本さん。

 このおばあちゃんのように、依頼人と会うことで、人生や仕事、家族の大切さに気づくことがある。それを西本さんは「依頼人からのプレゼント」だと感じているそうだ。

 本書はそのプレゼントの、ほんの「おすそ分け」だという。 依頼人に寄り添いながらも時には厳しいことも言う、人情味あふれる西本さん。

 「おっさんレンタル」に興味がある方はぜひ、一読してみてはいかがだろうか。
(文:ハチマル)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

“現役おっさん”が語る「おっさんレンタル」業の実態のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、おっさんレンタルサービス業西本貴信の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!