NEW

ジャニーズ、写真ネット解禁が「元SMAP退所組の後追い」「生き残りに必死」と話題に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)
 1月31日、ジャニーズ事務所が所属タレントのインターネット上での写真掲載を解禁した。長年変わらなかったルールが突然変更されたことに、さまざまな反応が起きている。


 今回の解禁には一部制限もあり、記者会見、囲み取材、舞台あいさつなどの写真が対象で、使用できる写真は原則3カットまでとのこと。31日は、関ジャニ∞の錦戸亮が主演映画『羊の木』(アスミック・エース)の会見を行い、同会見の錦戸の様子が解禁第1号となって多くのニュースサイトに写真が掲載された。

 これまでジャニーズが掲げていた「ネット上での写真掲載禁止」というルールは、不自然な記事を生み出すことにもつながっていた。所属タレントの発言がニュースになっているにもかかわらず掲載されている写真は別のタレントのものであったり、映画のキャストが揃った集合写真で主演のジャニーズタレントだけが写っていなかったりすることもあった。

 こういった現象には、「不自然すぎる!」「集合写真を撮るたびにジャニーズの子がまわりから離れているのを想像すると、なんかかわいそう」といった声が続出していた。

 つい最近も、『羊の木』のキャスト集合写真の中央に絵馬がかかったオブジェが置かれていたため、「錦戸くんが絵馬になってしまった」というツッコミが発生していた。

 そんなファンの不満を解消するためなのか、ジャニーズは解禁に踏み切った。しかし、それに対して「これが普通。今までダメだったのが時代遅れ」「青空やまったく似てない似顔絵とかじゃなくて新鮮!」「今さらかよ、対応遅すぎるでしょ」といった皮肉交じりの声が上がっている。

 また、「どう考えても『新しい地図』の3人への対抗だよね」「独立組の後追いとか情けない」「生き残りをかけて必死。対する相手は経験と力のある俳優と、才能と人脈のあるマネージャー。有能な人材が流出したジャニーズでは勝てないだろう」など、昨年9月にジャニーズを退所した元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎を意識しているとの声も多数。

 3人は退所後、ジャニーズでは禁止されているソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のアカウントを開設し、自撮り画像を投稿するなどして話題になっている。

 岡田准一や長野博(ともにV6)など結婚する所属タレントも増えており、今回の件以外にも変化が見られるジャニーズ。今後の動きが注目される。
(文=編集部)

ジャニーズ、写真ネット解禁が「元SMAP退所組の後追い」「生き残りに必死」と話題にのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、SMAPジャニーズ事務所写真の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!