NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

食品業界のタブー、「キャリーオーバー」問題の実態…悪用で添加物非表示が蔓延の恐れ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真キャプション:「Thinkstock」より

 コンビニエンスストアスーパーマーケットなどで食品を購入する際に、製品の裏側にある原材料名を見て、どんな添加物が使われているのかをチェックしている人も少なくないと思います。また、なかには「実際には、表示されていない添加物が使われているのではないか」という疑問を持っている人もいると思います。

 現在、市販の加工食品のほとんどには、保存料、着色料、酸味料、調味料などの添加物が使われていますが、製造の際に使われた添加物は、原則として原材料名欄にすべて表示することになっています。したがって、それをよく見れば、どんな添加物が使われているのか、誰でも知ることができるのです。

 ところが、実際には原材料名欄に表示されていない添加物が食品に含まれていることがあります。それはキャリーオーバーというもので、食品を製造する際に使われる原材料にもともと含まれていた添加物については、表示を省略できるケースがあるためです。

 たとえば、せんべいを製造する際には、一般に米としょう油が使われますが、しょう油には保存料が添加されていることがあります。しかし、出来上がったせんべいに、この保存料が残っていない、あるいは残っていても保存料として効果を発揮しないほど微量であれば、キャリーオーバーと判断され、製品の原材料名欄に表示されないことになるのです。

 キャリーオーバーについては、2015年4月から施行された食品表示法に基づく食品表示基準で、「食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されないものであって、当該食品中には当該添加物が効果を発揮することができる量より少ない量でしか含まれていないものをいう」と定義されています。

 ただし、「かつ、当該食品の製造又は加工の過程において使用されないものであって」という文言からも分るように、その添加物と同じものが、その加工食品を製造する際にあらためて使用された場合には、当然それは表示しなければなりません。

食品業界のタブー、「キャリーオーバー」問題の実態…悪用で添加物非表示が蔓延の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、キャリーオーバー加工食品原材料添加物の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!