NEW

とんねるずが「実はいい人」でも、復権が難しい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

とんねるずが「実はいい人」でも、復権が難しい理由の画像1
「とんねるずのみなさんのおかげでした」公式インスタグラムより

 今年の3月で、約30年の長い歴史に幕を降ろすことが決定している『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。最終回へのカウントダウンが始まる中で、とんねるずの石橋貴明(56)と木梨憲武(55)に対する想いを後輩芸人たちが続々と明かしている。

 1月25日深夜放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)では、同日に28年の歴史を誇る超名物コーナー「モジモジくん」の最終回が放送されたことを受けて、同番組に多く出演してきたおぎやはぎがとんねるずへの思いを語った。

 矢作兼(46)は、「モジモジくん」の最終回によって『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了を改めて実感し「寂しくなる」とコメント。とんねるずには台本を無視して水の中に突き落とすような先の読めない面白さがあると評し、「『そんなことしちゃったら、この先どうすんの? こんな濡れちゃって』ってことを平気でする人たち」と話した。「本当にもったいないよ」と嘆く小木博明(46)は、とんねるずの破壊的な笑いの取り方は特殊で個性的なため、テレビにはまだまだ必要な人だと番組終了を惜しむ。

とんねるずが「実はいい人」でも、復権が難しい理由のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!