NEW

にゃんこスター、一瞬でテレビで見なくなった理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今クールの連続テレビドラマ『海月姫』(フジテレビ系)のオープニングテーマ『Goサインは1コイン』を歌う謎の“新人アーティスト”カフェラテ噴水公園にお笑いコンビ「にゃんこスター」が参加していることがわかり、話題を呼んでいる。メインボーカルはいまだに明らかにされていないが、歌詞はアンゴラ村長が手がけているという。

 にゃんこスターは昨年5月に結成され、そのわずか5カ月後にコント日本一を決める『キングオブコント2017』で準優勝に輝いたスーパールーキー。独特なダンスネタが話題を呼び、桐谷美玲に斎藤工、出川哲朗が出演する「ワイモバイル」のCMにも出演するなど、結成1年も満たない間に知名度はうなぎ上りだ。さらに、2人は交際していることも明かしている異色の男女コンビとしても知られている。

 そんなにゃんこスターだが、心配されているのはトーク力のなさだ。ボケとツッコミのタイミングがまったくわからない2人は、ひな壇でも墓穴を掘ることがしばしば。今年の初めに放送された『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)でも、そのウィークポイントが露呈した。ブルゾンちえみが“恋人コンビ”のにゃんこスターが出てきたことにより、自身もユニットを組むwith Bとデキているのではないかと誤解される“被害”を受けていると訴えると、アンゴラ村長は「でも、ブルゾンさん、ここから見る景色はキレイです」とツッコミ。あまりにも意味不明なツッコミに、ゲストとして出演していた大先輩・宮川花子から「アンタ、アカンな」とダメ出しされる一幕があった。

「2人が高評価されるのはキングオブコントで松本人志が彼らに高得点をつけたことが始まり。それでテレビのディレクターたちがにゃんこスターを起用し始めたんです。もちろん、ディレクターたち全員がネタをおもしろいと思っているわけではありませんよ。松本のお墨付きも一応あるし、ネタになればくらいのノリで最初は使ってましたが、やはり全然話も広がらず笑いも取れないので、今では番組からのオファーが激減したんです」(テレビ局関係者)

 また、別のテレビ局関係者も語る。

「今年に入ってから、テレビでにゃんこスターを見る機会が明らかに減りました。アンゴラ村長が、破局したらコンビを解散すると言ったり、あまり必死さが感じられないこともあり、芸人たちの間からも『お笑いを舐めるな』『恋人同士でやってて、どうなのか』といった声も聞こえてきます。今年の上半期で消える可能性も高いとすらいわれています」

 にゃんこスターの踏ん張りに期待したい。
(文=編集部)

にゃんこスター、一瞬でテレビで見なくなった理由のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、にゃんこスターアンゴラ村長松本人志の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!